発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

自閉症の子どもの安全を守る介助犬

time 2016/07/01

自閉症の子どもの安全を守る介助犬

5歳になる自閉症のアンディは、昨年の夏に家を出たまま行方不明になりました。
彼は自分の名前も住所も両親の名前も言えません。

彼の家族は近所の人たちと探し回るだけでなく、警察にも捜索願いを出しました。幸い、彼は近くの場所で発見されましたが、自分の状況はまったく理解していませんでした。
「泣いてもいませんでした」アンディの母は言います。

「息子が、自分が迷子になっているという状況を理解できないのは、とても恐ろしいことだと思いました。」
「見知らぬ人が、息子を簡単にどこかに連れていってしまうでしょう。」

アンディは自分の要求を伝えることや、危険を避けることもできません。
一人になるのはとても危険なことなのです。

3年間、この家族を見守っている自閉症コンサルタントのクリスティー・カルデロンはこう語ります。

「アンディには『安全』という概念がありませんでした。自閉症児の多くは自分の興味のあることだけにしか目が向かず、危険の有無がわからないのです。」

その後、アンディは何度も家から脱走し、数時間も行方がわからなくなることが続きました。セーフティロックをかけても、アンディはそれを外して出て行ってしまうのです。家族だけでは、彼を見守るのは限界があります。また、いつか彼が行方不明になるとも解らず、家族は思案にくれました、

そして、介助犬のようなものが必要だという結論に至りました。

しかし、そう簡単な話ではありません。

子犬から訓練するには$13,000(日本円で約130万円)もかかります。

無料の介助犬を借りることもできますが、申請から約2年もかかるのです。

ですが、この2つの選択しかありませんでした。

「どちらも無理だと思いました。どうすればよいのかわかりませんでした。」

途方にくれていたアンディの母は友人からVIPサービスドッグ財団というものの存在を耳にします。

その組織は障害のある方向けの介助犬を提供しています。犬の訓練プログラムを専門家でなく、家族が積極的に行なうことで、$3,000(約30万円)の費用で介助犬の提供を受けることができます。

2ヶ月後、訓練プログラムためにやって来たコーキーという名の幼いプードルの雑種犬はアンディと出会いました。

「アンディは本当に喜んでコーキーを抱きしめると、コーキーは彼のとなりにお座りしました。その姿を見た瞬間、相性がぴったりだと思いました。」

その後の9ヶ月間、アンディの母は24時間ずっとアンディとコーキー二人の母となり、介助犬の訓練を行いました。

そしてコーキーはVIPサービスドッグ財団の試験をクリアし、介助犬として認定を受けることができました。

自閉症の子どもの安全を守る介助犬 dog2

家では、コーキーは他の子犬と変わりません。

見知らぬ人と出会っても、かわいらしいペットとして喜び、走り回ります。いつも誰かや介助犬ではない普通の犬と遊びたがっています。

「しかし、この介助犬用ベストを着せると、とたんに変わります。
アンディがパニックなど激しい感情に襲われると、コーキーはアンディの上に乗り、落ち着かせようとします。
安全を確保するのも、もうひとつの大きな仕事です。」

家の外に出ている間は、アンディはコーキーから離れることができません。たとえ、5歳の時のように脱走しようとしても、コーキーがけっしてアンディのそばからは離れないからです。

「私たちは、安心を手に入れました。外出しても、コーキーのおかげで安全です。」

安心感は、家での家族たちの生活も変えました。

「私達の家には、ドアが開いたらブザーが鳴るセキュリティシステムをつけていますが、コーキーはアンディや誰かがドアの近くにいるだけで教えてくれます。」

専門家によると、自閉症児への介助犬はまだ目新しいものといいます。

「私たちは介助犬といえば、目や耳が不自由な人向けの犬と思いがちです。
今、訓練をしている犬たちは、自閉症の方の安全を守ってくれる、盾のような存在にもなろうとしています。
コーキーは間違いなく、アンディを取り巻く環境から、アンディを助けています。」

自閉症の子どもの安全を守る介助犬 dog4 自閉症の子どもの安全を守る介助犬 dog3

アンディとコーキーは今なおずっと、強い信頼関係で結ばれています。

そして母は、アンディがますます立派な子どもになれるように、コーキーが助けてくれると考えています。

 

「息子が必要なときには、いつもコーキーがいてくれる。

コーキーはずっと家族。コーキーがリタイアして普通の犬になっても。」

(出典・画像:米dnainfo

介助犬でなくても、とてもよいそうです。

介助犬でないペットの犬でも家庭を助けてくれる。

(チャーリー)自閉症の子どもの安全を守る介助犬 ir?t=hobeccshop-22&l=as2&o=9&a=B009YQS8HS

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。