発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

自閉症の子のまわりへの興味を育てる新技術

time 2016/07/08

自閉症の子のまわりへの興味を育てる新技術

自閉症のある子どもは、まわりの世界とのやりとりに困難が伴います。
ミシガン大学の研究者たちが、その困難を乗り越えるのに役に立つ新しい技術開発を進めています。

スクリーンに触ると、色や形がかわります。
「ソーシャル・センサー・サーフェイス」と名付けられたこの技術は、自分のまわりの世界とのやりとりの方法を教えるものです。

自閉症の子のまわりへの興味を育てる新技術 m5 自閉症の子のまわりへの興味を育てる新技術 m0-1024x768

「この技術開発は、難しい現実の世界に飛び込まなくても、可能なかぎり、感覚機能に作用する技術です。これで、他の人との関わりをもつための方法を学ぶことができます。」

と研究者のシーンは言います。

一緒に研究を行うキッチェソンの話では、実際に効果があるのかの検証もはじまりました。
このスクリーンを触ることによって、子どもたちの体の動きがよくなるのかどうかです。
字を書くこと、ボタンを締めることなど自閉症児に難しい動作などです。

「私たちは、体の動きについても効果があるのか確かめています。というのも、自閉症児はあまり体を動かさないのです。その結果、年をとるに連れて座ってばかりになってしまいます。」

 

自閉症の子のまわりへの興味を育てる新技術 m4 自閉症の子のまわりへの興味を育てる新技術 m3

 

シーンが言います。

「ソーシャル・センサー・サーフェイスでの感覚体験は、子どもたちに安らぎと自信を与えます。そして子どもたちは、まわりとのやりとりの困難さについて、ゆっくりですが克服していこうと歩みはじめていきます。」

(出典・画像:米ミシガンラジオ

 

板のような固いタッチパネルではなく、やわらかくて、もっと自由な形のスクリーンにできる布を使うことで、子どもにとって触りやすく、押したりしやすく、そして面白いものとなっています。
そんな新しいインタフェースと、反応が面白い映像効果を特徴とした技術です。

人とのやりとりを学べる技術の開発も進んでいます。

人とのやりとりを学べる・発達を支援するゲーム

(チャーリー)自閉症の子のまわりへの興味を育てる新技術 ir?t=hobeccshop-22&l=as2&o=9&a=B004ZX5ID2

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。