発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

スターウォーズが発達障害の子の偏食を救う

time 2017/02/17

スターウォーズが発達障害の子の偏食を救う

6歳のエバーレットに弁当を作ってやるのは簡単ではありません。
そう父親が語ります。

「息子は、ピーナッツバターのサンドイッチやチーズのサンドイッチを持っていったりはしません。」
エバーレットは発達障害で摂食障害があります。
これまでの3年間に食べたものを考えると、大変悩ましい状況だったといいます。
しかし驚くことがありました。
最近、エバーレットは大好きな食べ物を見つけたのです。

それは、スター・ウォーズのシリアルです。

「シリアルの栄養価をバカにするかもしれませんが、
あまり食べない、食べれるものが少ない、息子にとってはすごいことです。
そして、チーズやミルク、パスタも好きになりました。

私たちはできるだけ、そのシリアルを買い込みました。」

スターウォーズが発達障害の子の偏食を救う st1-1024x768

しかし、エバーレットが好きなシリアルを購入できている間に、問題は起こっていました。
そのスター・ウォーズのシリアルは期間限定の商品だったのです。
そのシリアルを見つけるたびに、家族は飛び跳ねて喜んでいました。

父親は、スター・ウォーズのシリアルを手に入れるために、ソーシャルメディアに投稿をしました。
息子のために求めていると。

すると、たくさんの申し出を受け取りました。
エバーレットの大好物を手に入れることができます。

「エバーレットに贈ると言ってくれた、たくさんの人がいます。
私は、倉庫を用意しなければならないかもしれません。」

両親はこのシリアルがきっかけで、
エバーレットがいろいろなものを、もっと食べられるようになるかもしれないと期待しています。

「息子がこんなに大好きになった食べ物はありませんでした。」

(出典・画像:カナダCBC

偏食でも、食べないよりはましです。

よくわかります。

うちの子も、最近はいろいろ食べるようになりましたが、偏食でした。

肉と魚は大好きなんですが、その他、パンや白いごはん、野菜はしばらく食べませんでした。

お腹が空いたら何でも食べる。

といいますが、その頃は好きなもの以外、絶対食べないのです。そして怒り出すのです。

いろいろ混ぜたり工夫して、そして学校でも、先生ががんばって取り組んでくださったこともあって、今はいろいろ食べるようになりました。

子どもの偏食に悩まされている方も多いと思いますが、食べないよりはましと考えて、急がず気長に気楽に向き合ったのが、私はよかったと思っています。

食べさせるのに苦労する母親が非難されることもありました。

動画を公開して残酷と言われた母親の真意

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。