発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子どもがもつ力を写真で伝えたい

time 2017/04/05

発達障害の子どもがもつ力を写真で伝えたい

バーンスビル・スタジオへ招かれたトルーマン・レーンは、自分の世界の住人となりました。
「こんにちは。世界。」
トルーマンはそう言って、カメラのレンズに顔が写りました。
飛び跳ねて、手をたたいて、面白い顔をします。

ずっと、テラ・ジラルダインは、忍耐強くつきあいます。遊び心をもって。

トルーマンの母親は言います。
「彼女はすごいですね。発達障害について理解しているからです。」

ここ数年、ジラルダンは発達障害の子どもの写真家として評判を得ています。
「私は、発達障害の子どもがどんな子どもなのか、何がそうさせているのか、とても興味があります。」

「もっと近づくよ。」
とジラルダンはファインダーをのぞきながら、8歳のトルーマンに近づいていきます。

発達障害の子どもがもつ力を写真で伝えたい b8

発達障害の子どもたちが不安になるストロボは使いません。
照明も撮影する瞬間も子どもにあわせます。

静かな写真に取り込まれた自然な瞬間が、ジブラルダンの新しい写真集、フェイス・オブ・オーティズムのテーマです。

「発達障害の人の世界に入って、手がかりを探していくことは、
起きていることを知り、これから起きることを知り、発達障害についての理論を知り、療育方法を知ることになります。とてもたいへんです。」

「たいへんなこと」とは逆に、
写真に写る子どもたちは、誕生日パーティーであったり、双子の兄弟と歩き回ったり、庭の周りをサッカーで遊んだり、明るくてふわふわしている楽しい瞬間がとらえられています。

ジラルダンはこう言います。

「こういう子どもたちが持っている光や力について、本当に知る必要があります。
長い間、私が感じているものです。」

ジブラルダンは、発達障害によって家族に起きていることを知らないわけではありません。
「子どもがママ、パパと言ってくれるのを待っている家族もいます。」

ジブラルダンの写真は何かを捉えています。
「発達障害にも関わらず、この子どもたちは驚きなんです。
発達障害であるからこそ、でもあるのですが。
すごいことをするんですよ。」

ジブラルダンの12歳の息子のアレックスは4歳の時に発達障害と診断をされました。

「息子は、コミュニケーションをすることができませんでした。
同じ言葉を反復していました。」

アレックスは、ジブラルダンが「怒りと不安と悩みの組み合わせ」と表現する極端な行動が数年続き、家族は困難をかかえました。
今、アレックスはボーイスカウトで、バリトン楽器を演奏して簡単な会話も行えます。
しかし学習することはまだ難しく、特に読書や文字を書くことに困難をかかえます。

発達障害の子どもがもつ力を写真で伝えたい b4

アレックスは母親の写真集の中にある自分の写真を見て微笑んだ後、真剣な顔をして言いました。

「奇妙な音を出したり、走り回ったり、叫び声をあげたり、文字を書くのが苦手だったり、いろいろなちょっとした問題でおかしくなる子どもと、友だちになりたくないかもしれません。
しかしこの本で、理解して、助けることができるようになると思います。」

アレックスの母親、ジブラルタルがこの写真集の目標としているのは、
発達障害について、ただ受け入れてもらうのではなく、評価してもらうことだと言います。
別の部屋で遊んでいる息子を指して言います。

「息子は、偉大です。大きな心を持っています。
言葉では言い表せないほど、たくさんのことを教えてくれるんです。」

ジブラルダンはクラウドファンディングで、写真集を出版するために約1万5千ドル(約170万円)の資金を集めました。

撮影されていたトルーマンの母親のリヴは、この本の最もいいところは、発達障害をポジティブに捉えているところだといいます。

「こういう子どもたちをむしろ祝いたくなるように感じてもらったら、そのことで子どもたちは自分がスーパーヒーローになった気分になり、親たちもこんな子どもたちがいて幸せだという気持ちになるはずです。そうなったら、素晴らしいですね。」

写真に写るスーパーヒーローたちは世界を救うことはありませんが、ユニークな存在を示しています。

発達障害の子どもがもつ力を写真で伝えたい b3 発達障害の子どもがもつ力を写真で伝えたい b7

発達障害の子どもがもつ力を写真で伝えたい b6

(出典・画像:米FIRST COAST NEWS

その笑顔だけでも、すごい力があると思います。

たくさんの笑顔と正しくありのままの姿が伝わればと思います。

 

自分を伝えるために写真を撮っている方もいます。

写真が自分を伝える方法。発達障害の写真家

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。