発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

「共感覚」のシンガーは色を塗って曲を作る

time 2017/04/21

「共感覚」のシンガーは色を塗って曲を作る

特別な感覚をもっているために、ニュージーランドのシンガーソングライター、ロードは私たちよりも鮮やかに音楽を体験しています。

他のアーティストと同じように、それでヒット曲を作っているのです。

「共感覚」は、ある刺激に対して他の感覚も一緒に感じる知覚現象です。

ロードの場合は、音を聴くと色が浮かびます。

音の高さが異なると、色も変わります。

「共感覚」のシンガーは色を塗って曲を作る k2

ヒットメーカーのロードはインタビューで、曲作りはそれぞれのテーマにあわせて色付けをしていくことと答えています。

「私は作曲を始めた瞬間から、曲の終わりまでがわかります。

どんなに遠くて、先が霧で見えない状態であっても。

私の作曲は、見ているものを音にするだけです。」

Twitterでは、ロードの最新ヒット曲となった「グリーン・ライト」の制作に力を入れていることを語っていました。

「セッションをしている間に、私の共感覚が響きました。

この曲は、高校の頃、そして最近の記憶イメージで作ったものです。」

「共感覚」のシンガーは色を塗って曲を作る k1-1

ロードが、共感覚を生かした初めてのアーティストというわけでは全くありません。

他にも、ビリー・ジョエル、スティービー・ワンダー、ファレル・ウィリアムズたちがいます。

サイエンティフィック・アメリカンによると、共感覚が現れる人の割合は2万人のうち一人とされています。

ビジュアルアーティスト、小説家などの人たちで見ると、その割合はより高くなります。

そして、発達障害の人も共感覚をもつ割合は高くなっています。

(出典:ニュージーランドNewshub.)(画像:pixabay

うちの子どもも、自分と同じものを見たり、聞いたりしていても、違うように感じているような気がするときがあります。

また何もないところを見て笑ったりしていると、自分には見えない何かが見えているのかもしれない。

とも思ったりします。

思うというか正直、期待です。

実はまわりの人が気づいていないだけで、秘めた能力があったのだ!

そんな能力はなく、ヒット曲も作れなくても、楽しく過ごしてくれていればそれでうれしいです。

(チャーリー)

 

人気記事ランキング

sponsored link



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。