発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

欧州最大の屋内娯楽施設が発達障害に対応

time 2016/10/10

この記事は約 2 分で読めます。

欧州最大の屋内娯楽施設が発達障害に対応

この屋内娯楽施設は子どもと大人に割引をして、家族たちの意見と取り入れようとしています。
屋内の娯楽施設、マンチェスター・プレイ・ファクトリーは、発達障害の子やその他の特別な支援を必要としている子どもたち向けのイベントを開きました。
リバプールでも同様なイベントを開いて成功しました。それに続いて行われるものです。
たくさんの家族に参加してもらって、どうしたほうがいいか意見をもらいます。

そのイベント中は、その子どもと大人は割引料金で遊ぶことができます。

欧州最大の屋内娯楽施設が発達障害に対応 Playfactorcomp6JPG

広報担当のクリストファー・ハームが言います。

「音楽の音量をさげて、照明も調整しました。

特別な支援が必要な子どもと家族はここで、リラックスして楽しんでほしいと思います。
私たちも実施したかったことです。できるだけ、誰もが来れる場所にしたいのです。」

「これまでに来て頂いているお客様、新しく来たお客様から意見や感想を聞いて、
楽しさ、安全、そしてリラックスできる場所を提供するのが私たちの目標です。

私たちは、マンチェスターにある障害者支援団体と協力して、このイベントを実現しました。

このイベントで終わりではありません。まだ途中です。
ここに来てもらって、私たちはもっとどうするべきかの意見を頂戴する機会にしかすぎません。」

プレイ・ファクトリーは、ヨーロッパでは最大の屋内娯楽施設です。

欧州最大の屋内娯楽施設が発達障害に対応 Playfactorcomp3JPG

上まで登ると、とても大きい4つのレーンの滑り台があります。
ジップ・ワイヤーやゴーカート、5歳以下の子どもが遊べるエリアなどが設けられています。
遊べる大きな設備は、面白い通り道やカラフルなトンネル、滑り台、ボールのプール、ネットなどで構成されています。
サッカーのゴールやバスケットボールのコートまであります。

(出典・画像:英ManchesterEveningNews

 

配慮してくださる、子どもが楽しめる場所がどんどん増えるのはうれしいことです。

子どものはしゃぐ姿をみるのは本当にうれしいものです。

「落ち着ける部屋」を用意したテーマパークもアメリカにありましたね。

「落ち着ける部屋」がある米テーマパーク

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ