発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症とADHDで発話も少ない少年がマーチングバンドで輝く

time 2023/11/09

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

自閉症とADHDで発話も少ない少年がマーチングバンドで輝く
  • 音楽が人々に与える影響は、発達障害をもつ個人やその家族にどんな変化をもたらすのか?
  • 発達障害をもつ個人が参加するグループ活動が、彼らにとってどのようなメリットをもたらすのか?
  • 音楽を通じたコミュニケーションの場が、発達障害をもつ個人の自尊心や社会的統合にどのような役割を果たすのか?

米オハイオ州にあるアシュタビュラ・レイクサイド・ハイスクールの「フライデイ・ナイト・ライツ」には活気があります。

観客が声援を送り、選手たちは勝利を目指して気合いを入れて、マーチングバンドは大きなハーフタイムパフォーマンスに備えています。

バンドのテントの下を見ると、15歳のアゼイン・パウエル・カールトンがフィールドに出る準備をしているのが見逃せません。

「行けー!」とアゼインは最近のフットボールの試合で叫びました。
「ドラゴン・マーチング・バンドだ!」

アゼインは自閉症を持っており、ADHDと不安障害の診断も受けています。
話すこともあまりできません。
あまりうまくコミュニケーションを取りません。
ほとんどの場合、話すには促される必要があります。

しかし、音楽が変えました。

「赤ちゃんの頃から、音楽は息子を落ち着かせてくれたんです。
寝てしまうこともありました。
音楽は息子を穏やかにしてくれました。
バンドに関して言えば、息子が外で歌っているのを見れば、心から歌っていることがわかります」

そう、アゼインの母、レネーは語ります。
アゼインは、バンド仲間とうまくやるのに問題はありません。

「アゼインにはエネルギーがあります。
限りないエネルギーを持っています。
常にオンです。素晴らしいです」

そう、レイクサイド・ハイスクールの器楽音楽ディレクター、デイビッド・P・ロスは言います。
アゼインの熱意と正確なタイミングに加えて、アゼインは仲間たちに最高の自分を見せています。  クラスメイトのトリニティ・ゴッジはこう言います。

「アゼインを兄弟のように思っています。
彼は他の人よりも私を信頼してくれていると感じるからです。
彼は私のことをよく知っています。」

彼がドラムを叩くと、彼が楽しんでいるのが分かります。
それが私たちみんなを楽しませてくれます」

母親のレネーはこう言います。

「息子は長い間、一人ぼっちで、孤立していました。
バンドでは、一緒になって、座って友だちができ、息子をを気にかけてくれる友だちがたくさんできました。
それをを見ると、言葉に表すことができないくらい、息子を誇らしく思えます」

(出典・画像:米wkyc

音楽はいいですよね。

うちの子も小さな頃から音楽は大好きです。

ノリノリになると謎ダンスを見せてくれます。

自閉症の子の「体の中」のテンポにあわせた音楽療育の可能性

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。