発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

重度の発達障害の女性が初めてレジで買えた。

time 2016/11/24

この記事は約 3 分で読めます。

重度の発達障害の女性が初めてレジで買えた。

重度の発達障害の女性がスーパーで買い物をし、レジを通すときに心あたたまることがありました。
家の近くのスーパーでレキシー・チャパは母親のカルメンの買い物を手伝っていました。
レジにはニコルがいました。
ニコルはすぐに、レキシーにレジでのスキャンをしますかとたずねました。
このちょっとした応援があって、ダウン症で発達障害のある20歳のレキシーは自分でレジを通すのをやってみました。
ニコルはレキシーが果物や野菜の重さを計るのを手伝って、レキシーは自分で、バーコードのスキャンを通すことができました。
そしてハイタッチ!

母親のカルメンが言います。
「ニコルは素晴らしい人でした。
外に出ていくのは、レキシーにとっては本当に大変なんです。
たくさんの情報で、いっぱいになってしまうのです。
ちょっとしたことで、すごく不安になってしまいます。
レジにいたニコルには何も言っていないのに、ニコルはふつうに受け入れて、理解してくれました。ご覧のとおりです。
私は感謝でいっぱいになって、立ったままになってしまいました。」
レキシーは生まれてすぐにダウン症と診断をされ、9歳になって発達障害だと診断をされました。
話すことができません。
そして、感覚障害もあります。
まわりへの不安が強くなると、手をつねったり、首、顔、胸の部分をかきむしってしまいます。
激しくなると、それで怪我をしてしまいます。
「そういった自傷につながる不安を少なくするために、これまでに行ったところや、したことをビデオや写真に撮って見せています。効果があります。
そこで何が起きるのかを予測することができれば、不安を抑えることができるからです。
これまで娘のレキシーはこのスーパーで私を手伝ってくれようとしたことはありませんでした。
全ては手伝ってくれたレジにいたニコルのおかげです。
親切なニコルがレキシーを見てくれたので、今回は今までと違って、やってみようと思ったのでしょう。
ニコルは、レキシーに直接話しかけてくれました。レキシーの通訳代わりに私に相談したりしませんでした。
ニコルは、直接、レキシーに向き合ってくれたのです。そう思います。
それがレキシーにも伝わったのです。」
(出典・画像:英Mail Online)
直接話しかけてくれなければ、距離を感じると思います。
それに直接話せば、わかってようが、わかっていまいが、うれしくなる顔を見せてくれることもあります。
ハイタッチは英語ではhigh five(ハイファイブ)と言います。ちょっとかっこいいです。
うれしい時は、もっとうれしくしてくれる魔法のハイファイブ。たくさんしたいですね。
こちらのお店には店員さんはいませんが、期待をされています。
欲しいものを取って出るだけの店AmazonGo

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。