発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子と一緒に過ごせる素晴らしい夏

time 2017/08/16

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子と一緒に過ごせる素晴らしい夏

私は20代の頃、夏が大好きでした。
それは気が休まり、楽しいものでした。
休暇とは、ビーチでリラックスしたり、プールで泳いだり、バーベキューをするためのものでした。
今思い起こせば、それは感謝したくなるものでした。
そんな夏の私の認識をこんなに子どもたちが変えてしまうとは思いませんでした。
私は夏が大好きです。それに変わりはありません。
しかし、それは私の発達障害の息子ときょうだいと過ごす、今の夏とは違うものです。
発達障害の私の息子はサンダルをはきません。そして濡れることも大嫌いです。
肌をまもるために着せた、水着のシャツも嫌っています。
バーベキューで焼いたものも食べません。
それでも今年、海辺ですばらしいことがありました。
発達障害の息子は、裸足で砂浜の上を歩いて歩いて、膝まで海につかって、岩をのぼりました。
10分間のことです。
息子にとってはたいへんなことばかりでよくわかっていなかったかもしれませんが、毎日これを繰り返しました。

そして、次には水泳です。
住んでいる町のプールに通いました。
今までは、その混雑から発達障害の息子はそれまでは行くことが出来ませんでしたが、今年はプールが好きになって通っています。
私たち家族にとって、これは本当に大きな出来事でした。
息子は泳ぐことはありませんが、水の中にいるのが大好きです。
売店もあり、そこのフライドポテトが息子は大好きです。
近くにいると走り回って、他の子どもからフライドポテトをとったりしてしまいます。
しかし、そんなことがあっても、プールは私たちにとって本当に素晴らしいところです。

夏は発達障害の息子へのサービスが少なくなってしまう期間です。
学校は休みです。
私たちは、私たち自身で過ごす必要があります。
昼食も準備しなければなりません。
私の息子にとっては楽しい期間、親にとっては少し大変な期間です。
いつも大変な先生たちには、必要な休みです。
しかし、親たちにとっては、残りに日数を数える日々です。
私にとっては、夏は本当に素晴らしい期間です。
休暇を過ごし、子どもと一緒に時間を過ごせることに感謝をしています。
ただ、やっぱり若い頃に楽しんだ、もっとシンプルな夏をずっと恋しく思う気持ちはなくなりません。
(出典・画像:米POPSUGAR

夏休みの間は一緒に過ごせて楽しいものの、なかなか自分の時間が取れなくなったりして、イライラしてしまうのも正直なところです。
けれど、将来を考えれば、ずっと一緒にいられるわけではないので、やっぱり楽しみたいですね。

発達障害の息子を変えた父とのアフリカ旅行

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「すごい顔になるのよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。