発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

話せなかった発達障害の青年はマライアになって自分を伝える

time 2018/06/24

この記事は約 2 分で読めます。

話せなかった発達障害の青年はマライアになって自分を伝える

地元のロックバンドに加わって、発達障害の青年は自分を伝える方法を見つけました。

29歳のトーレン・ベイリーは、人とのコミュニケーションにずっと苦労をしています。
語彙も少なく、ほとんど話すことができません。
コミュニケーションカードや、限られた言葉で人とのコミュニケーションを行ってきました。

しかし、ボーカルとキーボード担当として、地元のファズボム・フラッシュというバンドに加わってから、変わったのです。トーレンは今、毎月ロックハウスで演奏をしています。

トーレンは、特別支援を必要とするさまざまな人たちと一緒に、介護施設のアーデン・ハウスで暮らしています。

「私は今バンドに入っています。歌ってキーボードを演奏するのが大好きです。」

そうトーレンは言います。
生活の支援を行っているクリス・ウールガーはこう言います。

「たくさんの人の前で、自分のこころを歌うことはとても勇気が必要なことです。
それが、ほとんど話すことがないトーレンが、ロックハウスで上手に歌っているのです。
ものすごいことだと思います。

トーレンは、今はとても自分に自信を持っています。
歌で自分を表現することを見つけたのです。

最近は生活の中でもいつも、歌ったりハミングをしています。」

話せなかった発達障害の青年はマライアになって自分を伝える mc1

トーレンはマライア・キャリーが大好きです。

生活の支援を行っているクリスはこう言います。

「トーレンは音楽が本当に大好きで、新しい人との出会いも楽しんでいます。
友人と定期的にあって、一緒に音楽を作り、演奏することはトーレンにとってとても重要なことです。
とても自信がついて、集中力も身につけることができました。
一緒に演奏する人たちを見つけることができて、とても恵まれた環境にいると思います。」

(出典・画像:米The Argus

自分が夢中になれることを見つけて、それで活躍ができる機会を得られて、本当に最高だと思います。

どんどん夢中になって、どんどん自分の好きなように発信されて頂きたいと思います。

発達障害の人とそうでない人を結ぶ電子音楽

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。