発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

知的障害者への就業支援でマクドナルドの人気店員に。32年働く

time 2018/12/22

この記事は約 2 分で読めます。

知的障害者への就業支援でマクドナルドの人気店員に。32年働く

地元のマクドナルドで看板となっていたダウン症の店員さんが32年間の勤務を終えることとなりました。
ラッセル・オグレビーは18歳のとき、1986年からマクドナルドで働きはじめるとすぐに人気者となりました。
テーブルを片付けていると、お客さんからはここ一番の有名人と言われることもありました。
ラッセルは50歳となりました。
ラッセルに会いたくて来ていたお客さんたちとは悲しい別れになります。
m4 知的障害者への就業支援でマクドナルドの人気店員に。32年働く
マクドナルドの店長のカセイ・パーセルはこう言います。
「水曜日と金曜日に、ラッセルに会いたくていつもくるお客様がいます。
悲しまれるでしょう。」
ラッセルの弟のリンゼイは、ラッセルの仕事に対する態度を家族みんなが誇りに思っていたといいます。
「ラッセルは今、少し悲しくなっていますが、本当に仕事が大好きでした。
私はそんな兄が大好きです。」
父親のジェフも、車の中からラッセルの働きぶりを見たことがあります。
「息子は本当に、お客さんたちに愛されていました。
そして、素晴らしく評価もされていました。」
m3-1 知的障害者への就業支援でマクドナルドの人気店員に。32年働く
働くことで、ラッセルの人生は大きく変わったと父親のジェフはいいます。
誰かに「障害者ですか?」と問われると、ラッセルはこう答えたそうです。
「学校に行っている頃はそうでした。けれど今はマクドナルドの店員です。」
まだ障害のある人が働くことがほとんどなかった時代に、知的障害の人を支援する活動を通じて、ラッセルは働き始めました。
それから、32年。
体力が続かなくなった今、退職することが最良のことだという結論にラッセルは達しました。
ラッセルはボウリングが大好きです。
これからは自由になった時間でめいっぱいボウリングをする予定です。
m2-1 知的障害者への就業支援でマクドナルドの人気店員に。32年働く
(出典・画像:豪Central Telegraph 英Mail Online
32年間、お疲れ様でした。
その働く姿を見て、感じ、学んだ人も多かったろうと思います。私もです。
これからはボウリングを大いに楽しんでいただきたいと願います。
発達障害の息子のずっと続く親友は偽善ではない私たちの明るい光

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。