発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子が7年かけて育ててきた、とても大きな小さなりんご

time 2019/01/12

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の子が7年かけて育ててきた、とても大きな小さなりんご

タリン・ヒギンス少年が、長い忍耐の上の達成を見せてくれました。
そうなるまでに7年もかかりました。

タリンが学校に入るまえに植えたりんごの種が木になり、そして初めての実をつけたのです。

タリンは発達障害です。食べるものがとても限られています。
くだものはりんごしか食べません。

「りんごは、学校のお弁当にもっていける、ただ一つのくだものです。」

そうタリンの母親のサムは言います。

ずっとタリンは自分が食べたりんごの種を集めていました。

保育園に通っている頃、りんごの種を植えてみるように先生からすすめられました。

「最初は先生と一緒になって保育園の庭に種を植えました。
先生と息子は毎日水をやっていました。

保育園を卒業するときには、植えた土ごと鉢に入れてもってきました。

ずっと、変化はありませんした。

しかし長い時間が過ぎて、成長をはじめました。鉢をどんどん大きなものに変えていきました。」

そうサムは言います。

発達障害の子が7年かけて育ててきた、とても大きな小さなりんご r3

りんごの木は、今は自宅の裏庭に植えられていました。

りんごの種をまいてから7年がたち、ついに小さなりんごがなりました。

タリンが犬と遊ぼうと外に出かけたときに見つけました。

「タリンが家に戻ってくると、叫んで飛び回りました。

『りんごがなったよ!』

まるで、そう言っているようでした。」

まだまだ小さくて食べれるりんごではありませんが、そんなことはタリンやサムの喜びには関係ないものでした。

発達障害の子が7年かけて育ててきた、とても大きな小さなりんご r4

タリンと双子の兄弟のジェイ、二人とも発達障害です。
これまでに困難もありましたが、この小さなりんごは、家族にとっては成長と達成のシンボルです。

「子どもたちは学校での生活に困難をかかえています。
これまでに4回も転校しています。
りんごの木の成長を目にすることは、私たち家族の支えとなっていました。」

そう母親のサムは言います。

タリンには知的な遅れもあるために学業は難しいですが、現在通っている学校で、積極的に何かに取り組んでいる人に与えられる賞を受賞しました。

発達障害の子が7年かけて育ててきた、とても大きな小さなりんご r1

「タリンには難しいことも多いですが、運動は得意です。
このりんごの木が実をつけるまで、がんばって達成した経験から、ますますがんばりそうです。

息子は私たち家族のモットー

『決してあきらめない。』

それを本当に見せてくれたんです。」

(出典・画像:豪Wingham Chronicle

本当に大きなりんごだと思います。

いつ芽が出るかわからなくても、あきらめなければ、こうしていつかは実になります。

勇気を与えてくれますね。

オーストラリア中を4ヶ月間走った発達障害のフォレスト・ガンプ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!