発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子とモデル活動に取り組む母が言う。チャレンジしよう

time 2019/02/13

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子とモデル活動に取り組む母が言う。チャレンジしよう

社会と関わりをもつことは障害のある子には特に重要なことです。

教育心理学者であり言語病理学者でもあるザリナ・ダンディバイェフには発達障害である自閉症スペクトラム障害の13歳の息子のアイカーンがいます。

アイカーンは衣料品のブランドに興味を持っています。

社会と関わることは、コミュニケーションスキルの向上、社会への適応、スキルの発達、世界を学ぶことに不可欠だとザリナは言います。

「私たちが何かをしなければならないと思ったとき、私はモデルに興味を持ったんです。
私の子どもにも、社会との関わりをもつことはとても重要です。」

母親のザリナと息子のアイカーンは、これまでに子どものモデル学校での写真撮影に何度も参加しています。

「アイカーンの写った写真は、ショッピングセンターなどに飾られているんです。」

発達障害の子とモデル活動に取り組む母が言う。チャレンジしよう m2

写真撮影はグループで行うこともあります。

「息子のアイカーンがグループに入って写真撮影をしても、誰も発達障害であることに気づきません。
アイカーンはカメラマンの指示に従います。

指示をよく理解できていて、モデルを行えています。
そして、周りの人たちとコミュニケーションをすることをとても楽しんでいます。

息子が社会と関わりをもつ方法になっています。
他の子どもたちの撮影を見ることを楽しんでもいます。」

雑誌の撮影にも先日参加しました。

「発達障害の子どもたちもさまざまなことができるんです。」

アイカーンは、これまでにドラム演奏、空手、ホッケー、テニスなどにも取り組んできました。
水泳は始めてから3年になります。

母親のザリナは、子どもが特別支援教育を受けていても、それだけに制限するべきではないといいます。

自分の息子と同じように、専門家や先生に相談をしながら、さまざまなことに子どもをチャレンジさせて成長する機会を作るようにと提案しています。

(出典・画像:カザフスタンTHE ASTANA TIMES

一緒になって楽しく、いろいろなチャレンジができたらいいと思います。

無理せず、簡単なところからやっていきましょう。

発達障害だから無理。と言った娘は父と一緒に人気ユーチューバー

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!