発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

母が実現に近づけたインド初の発達障害の少年ファッションモデル

time 2019/06/06

この記事は約 2 分で読めます。

母が実現に近づけたインド初の発達障害の少年ファッションモデル

WHOによると、世界では160人に一人の子が自閉症スペクトラム障害(ASD)だと推定されています。
それは、まわりの人とコミュニケーションが難しい、極端に内向的であったりという状態です。
ASDの人は、日常生活で困難をかかえることがある一方で、特定のことには強い興味をもって能力を発揮することもあります。
その例となるのが、プラナブ・バクシです。
プラナブは、19歳のインドでは初めての発達障害であるASDのファッションモデルです。
母親のアヌパパはこう言います。
「息子がキャットウォークを歩いたり、写真撮影のためにポーズをとっているところを見ると驚きです。
本当にうれしくなります。
息子は困難と戦いながら、こんな立派になりました。
息子は私の誇りです。
息子はいつかスーパーモデルになりたいと言っています。」
プラナブはインスタグラムにこう書いています。
「発達障害であることが、私のスーパーパワーになっています。」
i3-1 母が実現に近づけたインド初の発達障害の少年ファッションモデル
ここまで来るのには順調ではありませんでした。
プラナブは2歳になるまで発達障害の兆候は見せませんでした。
しかし突然深刻になり、体の健康も悪化しました。
「当時、私はただ息子に死なないでほしいとだけ祈っていました。
たくさんの困難を乗り越えて、今いるのです。
息子はファッションモデルをするだけでなく、音楽やダンスにも強い情熱を持っています。
また、写真撮影も好きで、アングル、フォーカス、タイミングどれも素晴らしい写真を撮影します。」
プラナブは療育を受けているときに、ファッションモデルになりたいと思うようになりました。
母親のアヌパパは、療育の一つとして劇場でのセッションに参加したことを思い出します。
「ファッションモデルとしての舞台での歩き方を教わったんです。
すると、息子はそれが大好きになってはまっていったんです。」
i2-1 母が実現に近づけたインド初の発達障害の少年ファッションモデル
そして母親のアヌパパは、ファッションモデルに関わるところに何百もメールをしたといいます。
しかし残念ながら、返信はほとんどありませんでした。
しかし、プラナブがファッションモデルになることを実現した、スーパーモデルであり事務所をもつニンジャ・シンハはこう言います。
「プラナブに会ったときには、本当に魅力を感じました。
モデルとしては、まだ始めたばかりですが、すでに素晴らしい経験もしています。
プラナブについては、私もすごく興奮しています。
ファッションとは、服やスタイルだけを指すものではありません。
プラナブが大きな芸術家となれる可能性をもった芸術の表現方法なんです。」
(出典・画像:インドYourStory Media
お母さんの行動力が、息子さんの夢を叶えました。
ここまでできなくても、見習いたいものです。
発達障害の子を変えるファッションショー

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。