発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

ファッションショーが発達障害の子を変える

time 2017/05/31

ファッションショーが発達障害の子を変える

ファッションショーが行われました。
しかし、このファッションショーは少し違います。

5人の発達障害の子がモデルとなりました。

これまでに、きびしいいじめに会った子どもの親たちは、このイベントで子どもの生活が変わったと言います。

このイベントは、ファッション・オーナーズ・オーティズムという支援団体が開催したものです。

このイベントに参加した人にとっては、単なるファッションショーではありませんでした。

「息子を見ると、ドキドキします。」

そうマンディ・ブラウンが言います。
ブラウンの息子、パクストンは2歳の時に発達障害と診断をされました。

「息子が言葉を発することはないと、ずっと思っていました。
私を呼んでくれることなんてないと思っていました。
私を愛しているなんて言ってくれると思っていませんでした。」

5歳になったパクストンは、人とのやりとりを学び、自信もついてきました。

パクストンはこのファッションショーのモデルの一人です。
プロのモデルから3週間のトレーニングを受けました。

ファッションショーが発達障害の子を変える f1-2 ファッションショーが発達障害の子を変える f7

「息子の精神が発達するのに、すごく役にたったと思います。
他の子どもや大人との交流を助けて、新しい環境にも慣れるようにしてくれました。」

そうパクストンの母親のブラウンは言います。

ファッションショーが発達障害の子を変える f2-2 ファッションショーが発達障害の子を変える f6

発達障害の子どもの多くが深刻ないじめにあっています。そして正常ではいられないこともあります。

「私たちは、息子と友だちとでサッカーをしようとグランドに呼んで、サポートしようとしました。
しかし、子どもたちは息子をからかって、息子にとってはつらいものでした。」

そう、モデルの一人の少年の母親、アビー・ハントンは語ります。

アビーの息子のケイシーが、モデルをやってみたいと言いました。
このファッションショーは、こういう子どもたちが、やってみたいと思っていたことをやれる機会となったのです。

「息子がどこまで出来るのか、私は楽しみです。」

ファッションショーが発達障害の子を変える f4 ファッションショーが発達障害の子を変える f5 ファッションショーが発達障害の子を変える f3-1

(出典・画像:米fox4kc.com

できないと思わないで、まずやってみるのを応援する。

こうありたいですね。

心配したり、人への迷惑を考えたりして、なかなか簡単ではなく、勇気をもったり、我慢しなければならないことも多いですけれど。

けれど、うまくいったら、みんなうれしくなるはずです。そして、そのうれしさはずっと役に立ってくれるものです。

 

この方も服が大好きで、デザイナーになりました。

自閉症デザイナーが伝える真に取り組める力

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。