発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の女の子は子猫療法で関わり合いを教え、教えられる

time 2019/07/23

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の女の子は子猫療法で関わり合いを教え、教えられる

15歳のチェルシー・メイベリーは発達障害と診断されています。
不安症とうつ病もかかえています。さまざまな療法を受けてきました。
そして今、行っているのは「子猫療法」といっていいでしょう。
チェルシーはこれまでの3年間、動物シェルターにいる何十匹ものネコと触れ合ってきました。
この動物シェルターには、新たな飼い主を待っている数十匹の犬やネコがいます。
常にボランティアの人たちが犬の散歩や子猫の世話をしています。
週に2回、チェルシーは子猫を抱きしめにいきます。
c4jpg 発達障害の女の子は子猫療法で関わり合いを教え、教えられる c2-2 発達障害の女の子は子猫療法で関わり合いを教え、教えられる
彼女には願いがあります。
「子猫たちが愛されていること、
そして希望があることを知ってほしいと思っています。
ずっと飼い主が見つからない子猫もいます。飼い主に出会える子猫もいます。
私は子猫たちに人とのつながりを教えたいんです。
きっといつか飼い主が見つかるはずです。
ただ、正しい人にまだ出会えていないだけです。」
c1-2 発達障害の女の子は子猫療法で関わり合いを教え、教えられる c5 発達障害の女の子は子猫療法で関わり合いを教え、教えられる
そして、子猫がチェルシーを助けてもいます。
「子猫たちが娘を助けてくれているんです。」
そうチェルシーの母親のアンジーは言います。
「娘は人との関わりに困難をかかえています。それに比べると、動物は娘にとって関わりやすい存在なのです。
そして、動物をだきしめると娘は落ち着くことができます。
娘はここに来て、子猫たちとふれあい、関わり合います。
そして、ここに来た子猫を飼いたいという人たちとも触れ合うことができます。」
c3-2 発達障害の女の子は子猫療法で関わり合いを教え、教えられる
母親のアンジーは、ここに来るようになってから社会的にだけでなく、知能面でも成長してきたといいます。
当初は6歳レベルの知能だったのが、現在では9歳程度にまで向上したといいます。
チェルシーはこう言います。
「子猫たちはこれから愛を持って飼われるようになることを考えると、私はとても幸せになれるんです。」
(出典・画像:米The Bismarck Tribune
ネコいいですよね。
うちの子にもねこちゃん、すごく良いと思います。
そう思って昔、猫カフェにうちの子を連れて行ったことがあるのですが、うちの子はほとんど関心を示しませんでした。
もう少し落ち着ける環境で長い時間いることができれば、ねこの方からうちの子に関心を示してくれるのかもと期待したまま帰ってきました。
しかしまた、行ってみたくなりました。

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。