発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子向けのクライミングクラブ。移動式ウォールで実施

time 2020/09/24

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子向けのクライミングクラブ。移動式ウォールで実施

12歳のアンバーにとって、岩壁を1インチ1インチ登ることが大きな喜びになっています。

「見て、あなたはとてもうまくやっているよ」

そう、クライミングコーチのイザベラ・カーターが励ましてくれます。

17歳のカーターはアンバーの最大の応援者です。

c10 発達障害の子向けのクライミングクラブ。移動式ウォールで実施 c5 発達障害の子向けのクライミングクラブ。移動式ウォールで実施 c6 発達障害の子向けのクライミングクラブ。移動式ウォールで実施
二人は発達障害の子どもたちにクライミングを教えるオーティズム・クライムを通じて知り合いました。
カーターはもう数年間、ボランティアとして協力しています。

オーティズム・クライムの創設者であるイーシャ・ワグナーは、発達障害の子どもたちは素晴らしいクライマーになれるといいます。

新型コロナウィルス感染拡大のために、ワグナーとカーターは移動式のクライミングウォールを子どもたちのために持ってきました。

ワグナーはこう言います。

「この壁があれば、すべての人のところへ訪問はできないにせよ、私たちはあなたたちのことを忘れていないメッセージを送れます」

c3-1 発達障害の子向けのクライミングクラブ。移動式ウォールで実施 c9 発達障害の子向けのクライミングクラブ。移動式ウォールで実施 c7 発達障害の子向けのクライミングクラブ。移動式ウォールで実施 c2-1 発達障害の子向けのクライミングクラブ。移動式ウォールで実施 c4-1 発達障害の子向けのクライミングクラブ。移動式ウォールで実施

カーターは子どもたちと特別な絆を共有しています。
彼女の7歳の弟、キャメロンも発達障害です。

彼らの特別なニーズに対処するための方法や理解をキャメロンからカーターは教えられています。

発達障害のキャメロンの成長も創設者のワグナーは見てきました。
苦労しながら壁を登りきり、頂上に立って鐘を鳴らしたときの感動を忘れられることはありません。

c1-1 発達障害の子向けのクライミングクラブ。移動式ウォールで実施

「それは本当に感動しました。
弟は長い間、がんばってきました。
頂上にたどり着くと本当に喜んでいました」

そう姉のカーターも言います。

「弟の目が輝いていました。
自分にもできるんだ!と自信を持った瞬間を見ました。
それは本当に素晴らしい瞬間でした」

(出典・画像:米THE DEMBER CHANNEL

こんな大きなものを自宅にまで持ってこれるのはさすがアメリカという感じです。

安全であれば、手足や体全体を動かし、大きな達成感を得られるだろうクライミングは本当に良いものでしょう。

うちの子も、もう少し簡単、低ければ楽しめるかもしれません。

両親を亡くした自閉症の青年は登山をして変わった。自立と再会

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。