発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

部屋に閉じこもっていた自閉症の少年が、今では世界最強の男に

time 2021/06/29

この記事は約 2 分で読めます。

部屋に閉じこもっていた自閉症の少年が、今では世界最強の男に

トム・ストルトマンは、スコットランド人として初めて「世界最強の男」のタイトルを獲得しました。

カリフォルニア州のサクラメントで開催された大会で、身長2メートル、体重180キログラムのトムが優勝しました。

27歳のトムは、すでにスコットランド最強の男のタイトルを持っています。
そして、スコットランド最強の男に5回輝いたルーク・ストルトマンの弟でもあります。

トムは、10代の頃は一人で外に出ることができなかったと、自閉症をかかえていることについてこれまでたびたび語ってきました。

この大会には25名の選手が出場しました。

デッドリフト、蒸気機関車押し、ログリフトなどの競技が行われました。

子どもの頃について、トムは「サッカーバカ」だったと言います。
学校を休んでまでサッカーをしたり見たりしていました。
トムは、サッカーへの情熱と、両親や家族などからのサポートにより、自閉症の影響を克服することができたと語っています。

「自閉症は私の人生の大きな部分を占めています。
学校では苦労しました。
部屋に閉じこもり、友だちもいませんでした。

その後、スポーツに出会いました。
最初はサッカー、次にジムに通い、自信を持ち始め、多くの人と話し、自分のやっていることが好きになりました」

s2-2 部屋に閉じこもっていた自閉症の少年が、今では世界最強の男に s1-2 部屋に閉じこもっていた自閉症の少年が、今では世界最強の男に

トムは、兄のルークに勧められてウエイトトレーニングを始めました。
最初はサッカーに熱中していたため、あまり興味を持てなかったと言います。
しかし、18歳のときに初めて出場したスコットランド最強決定戦で5位に入賞したのをきっかけに、ストロングマン競技にハマったと言います。

その後、トムはスコットランドやイギリスの大会で入賞するなど、活躍の場を広げていきました。
毎日1万キロカロリーを摂取し、グランドピアノ1台分の重さに相当する450キログラムを持ち上げることができます。

(出典・画像:英BBC

ダンベルをもっている姿を見ると、リアル、ザンギエフ。

夢中になって、こうした結果を残した方を知ると、心強く思います。

「自発的」運動が自閉症の子の症状を改善する可能性。東大研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「びっくりしたよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。