発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の青年自身も燃える情熱をもって取り組む「薪」の販売

time 2023/11/10

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

自閉症の青年自身も燃える情熱をもって取り組む「薪」の販売
  • スティーブンのビジネスは地元の人々にどのような影響を与えているのか?
  • 自閉症の子どもたちとその家族がスティーブンのビジネスで感じることは何か?
  • スティーブンが持つ情熱や人柄は、彼のビジネスにどんな付加価値をもたらしているのか?

新しいビジネスが地元米ジョージア州バイラン郡で注目を集めています。
その名は「スティーブンズ・ファイアウッド・シェッド」。

「彼に会うのが待ち遠しいですし、早く訪れて彼を会いに行きます」

そう、顧客であるフリーダ・スパイビーは言います。

「私の名前はスティーブン・アンダーソンです」

スティーブンは一生懸命働いています。
スティーブンの母、タラ・アンダーソンはこう言います。

「息子の仕事は薪をそこに積むことです。
息子はすべての薪を袋詰めし、ここに置いて販売しています」

新しいビジネスは確かにスティーブンを忙しくさせています。
彼自身が燃えるような情熱を持って取り組んでいる仕事です。

「お客様が近づいてくるたびに、息子は喜んで家から飛び出してここにやってきます」

顧客のフリーダはこう言います。

「私には、アラバマに住む娘がいます。娘の息子が自閉症なんです」

スティーブンと同様に、自閉症の子どもも来ます。

母親のタラはこう言います。

「大事なことです。
なぜなら、彼らも他の人と同じように受け入れられたいからです。
彼らは他の人と同じように反応しないかもしれませんし、豊かな語彙を持っていないかもしれませんが、彼らも他の人と同じように受け入れられることは重要です」

スティーブンと会えば、どれだけ素晴らしい人物であるかをすぐに理解できるでしょう。

「息子と会ったことがある人なら、みんな息子を愛してくれています。息子はいつも幸せです」

「スティーブンズ・ファイアウッド・シェッド」は、スティーブンに何ができるかを世界に示す機会となりました。
スティーブンは自分の上腕二頭筋を見せて言います。

「私はこの筋肉で薪を持ち上げます」

そして、購入した人は嬉しくなって帰っていきます。
スティーブンはこう言います。

「私も笑顔になります!」

(出典・画像:米WTOC11

大好きになって取り組めるビジネス。

最高ですね。

ますます、たくさんの薪を販売されること願っています。

発達障害の少年は大好きなピクルスで自分でビジネスを始めた

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。