発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

困っていた発達障害の方へのあたたかな行動

time 2016/12/24

困っていた発達障害の方へのあたたかな行動

空港での素晴らしい出来事を米テキサス州に住む女性がFacebookに投稿しました。

シャイナ・マリーはダラス国際空港であったことを語っています。
シャイナは搭乗ゲートを探している時に、とある男性を見つけました。

「何か問題があったことがわかりました。しかし、どんな問題なのかがわかりませんでした。
そのため、医学的な質問をいくつかしてからにしました。」

とシャイナは言います。
間もなく、シャイナはその男性が発達障害であることがわかりました。
それを知って、シャイナは手助けをすることにしました。
男性は落ち着きをなくしていました、飛行機に乗れなくなってしまうことで頭がいっぱいになっていました。

シャイナは、見ず知らずのこの男性の母親に電話をかけ、この男性が落ち着きをなくし不安になっていること、そして空港には医療関係者がいることも伝えました。

「私は以前、アメリカン航空やダラス国際空港の医療スタッフとして働いていました。

医療スタッフに連絡をして、私の乗る飛行機も変更をしました。

そして、男性とランチを一緒にして、飛行機に乗れる、安心するように話をしました。」

シャイナによると、彼女が乗る予定であった飛行機の変更について、アメリカン航空から費用を請求されることはなかったそうです。

男性は、無事に搭乗ゲートに着き、その後は空港職員が付き添って対応をしました。

「今日の出来事の全てを写真に収めることはできませんでしたが、とても素晴らしい一日になりました。

ケンタッキー州から来たすばらしい男性とランチをしました。
彼は見ず知らずの人でしたが、彼にはやさしい心があって、彼を愛する素晴らしいお母さんとお姉さんがいることがわかりました。メッセージのやりとりもして、お母さんが本当に彼を愛していることがわかりました。」

これからもアメリカン航空を利用したい。そして、空港職員、警察の対応にとても感謝しているとシャイナは語りました。

困っていた発達障害の方へのあたたかな行動 f1-1-1024x768

シャイナのFacebookの投稿

(出典:米FOX5)(画像:Facebook)

男性とその家族は、彼女にどんなに助けられたでしょうか。

そういう子をもつ親ですが、なかなか見ず知らずの人にそこまで手助けすることは簡単ではないと思います。

善意を持ち、行動してくださる方に感謝するばかりです。そして、そうなりたいとも思います。

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。