発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

パニックの発達障害児と母を助けた店員たち

time 2017/05/22

パニックの発達障害児と母を助けた店員たち

パニックになった発達障害の子の母親は、そのお店、テスコの店員たちに心温まるような親切な対応をしてもらいました。
英グロスターシャー州の41歳のジョセフィーヌ・マンドは、3歳の息子ピーターへの40分間にわたる店員の対応が、まるで天使のようだったと語ります。

16ヶ月前に発達障害と知覚障害と診断をされたピーターは、完全にパニックになってしまいました。

自らショッピングカートに頭を打ちつけて、泣き叫び始めたのです。

テスコの親切な店員たちは、母親のジョセフィンの後ろにつき、ピーターが落ち着くまで手伝い、他の客が集まってこないようにもしました。
買い物が終わって玄関を出る時には、花を渡してくれました。

母親のジョセフィーヌは、4人の店員とつらい状況の中、地上に降り立った天使のように助けてくれた若い夫婦について話をします。

パニックの発達障害児と母を助けた店員たち k1

「ピーターのパニックにつながったのは、ショッピングカートにラベンダーの花を入れたことに始まります。
泣き叫んで、自分を叩き始めました。感覚に触ったのだと思います。

店員さんはすぐに対応をしてくれました。
レジに私が行くと、すぐにお客様対応の店員さんが手助けをしてくれました。

私が商品を入れたカゴとショッピングカートをお店の外まで持っていてくれました。
パニックになっているピーターが、私のそばを離れることがないようにしてくれました。」

自分の車で、ジョセフィーヌの自宅まで送ると言ってくれた店員さんもいましたが、ピーターのひどい状況のため車には乗りませんでした。

「店員さんたちは、暴れている息子と他のお客さんへの邪魔にならないように、もう10分もの間、私を手伝ってくれました。
誰かが、じっと見ていたりすると、息子の状況はさらに悪くなってしまいます。」

その後、若い夫婦がジョセフィーヌとピーターを家まで送ってくれました。
別の店員さんは、ジョセフィーヌの家まで走って行き、つけたままだったオーブンのスイッチを切ってくれました。

「本当に助け合う精神がそこにはありました。
およそ40分間もの出来事でしたが、その精神はずっと私に残っています。」

パニックの発達障害児と母を助けた店員たち k3

(出典・画像:英MailOnline

感謝の気持ちを忘れてはいけないと思います。

いつも、そうしてもらっているから。あそこでは、そうしてもらっているから。

当然のように思ったら、違ってきます。

そして、オーブンをつけたまま、外に出かけては行けません。危ないです。

 

こちらにも素晴らしい店員さんがいました。

発達障害の子どもへの対応が素晴らしい店員

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。