発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の若者が安全に運転を学べる技術

time 2017/08/18

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の若者が安全に運転を学べる技術

自動車の運転を学ぶことは、多くの若者が必要とすることです。
しかし、自閉症スペクトラムの10代の若者にとっては、とてもそれは難しいように思われています。
バーチャルテクノロジー技術によって、をれが可能になります。
ハーパー・ケイツはまるでテレビゲームをしているようです。
しかし、16歳の発達障害のハーパーはこれで自動車運転について学んでいます。
「私たちの多くにとって、自動車を運転できるようになることは、大きな達成となるものです。」
バンダービルト大学医療センターの小児科の助教授のエイミー・ウェイトロフ博士はそういいます。
だからこそ、バンダービルト大学の技術チームは、発達障害の10代の若者が自分で生きていけるようになるためにこのバーチャルリアリティによるシミュレーターを開発しました。
バンダービルド大学の機械工学部のニランジャン・サルカル博士が説明します。
「部屋の中で、安全に基本的な運転技術を学ぶことができます。
実際に道を走る必要はありません。」

シミュレーターは、一般道路、高速道路、学校のあるこの地域の仮想世界を提供します。
そして、運転する人それぞれに求められるニーズにも対応します。
「発達障害の人の多くはとても不安を感じています。
そして、それぞれが違った視線のとりかたをします。」
運転する人は、どこを見ているのかを追跡する、ストレスのレベルを測定する、センサーを装着します。
「心拍数と皮膚の発汗を測定しています。」
このシミュレーターはそうして得た運転する人の状況にあわせて、リアルタイムで変化します。
その変化によって、楽しく感じることができ、学ぶことの助けになるといいます。

このシミュレーターで運転をしていた発達障害のハーパーもこういいます。
「完璧に、現実の運転と同じだとはいえないけれど、とても現実に近いです。」

ハーパーの母親、ジェニファー・ケイツはこういいます。
「車を利用する機会はとても多いので、家にもう一人ドライバーが生まれたら、とても素晴らしいことです。」
実際の道路ではできなかった、10代の発達障害の若者にとって、これは安全に自動車運転を学べる機会となるものです。
まだ、この自動車運転のシミュレーターは研究目的で利用されています。
しかし、発達障害の子をもつ家族が利用できるように早くしたいと大学の研究者たちは語っています。
(出典・画像:米KSAT

自動車の運転を学ぶには、実際の車で実際の道を走る、を避けることはできませんが、こうしたシミュレータがあれば、発達障害の人などもより一層、安全に備えてから実際に車、実際の道で練習ができるようになります。
こういう技術はどんどん出てきて頂きたいですね。

VRで発達障害児の不安恐怖の克服を助ける

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。