発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の方が運命と思える仕事ができた店

time 2017/09/11

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の方が運命と思える仕事ができた店

毎週火曜日、ブライアン・パーカーは家のごみ出しをします。
そして、その後は近所にあるアイスクリーム店で仕事をしています。
「息子は、10時頃に家を出て、遅いときには夜の10時に帰ってきます。」
父親のエドワードは言います。
ブラインアンには能力があっても、ずっと欠けているものがあり、満たされないでいた。
そう、46歳のブライアンは言っていました。
「自分でなければできないという仕事をしたことがありません。
ずっと仕事をしてきましたが。」
そして、ハイジ・ネルソンに出会いました。
「特別支援が必要な人たちは、多くは献身的で、働きたい、社会に貢献したいと考えています。」
そうハイジは言います。
ハイジと夫のクリスたちが、米ダラスにアイスクリーム店を開きました。
それは、クリスの友人、デイビッド・コーリカーと共同で行いました。
コーリカーはこう言います。
「私たちみんなに、特別な支援が必要ではありませんか?
それはつまり、私たちは特別支援が必要な人たちといつもともにいるからです。」
コーリカーは8年に渡って脳腫瘍と闘ってきた、歯科医です。
コーリカーには、それまでとは違ったように世界が今は見えています。
そうして、ハイジに出会った後、ブライアンはこのお店で働くことになりました。
ブライアンの人人生は簡単なものではありませんでした。
かなりの発達の遅れがあります。
i1-1-1024x768 発達障害の方が運命と思える仕事ができた店
このアイスクリーム店では、特別支援が必要な人たちがたくさん働いてます。
ハイジの祖父もアイスクリーム店を経営していました。
50年前に閉店をしていますが、祖父の娘、おばさんも特別支援が必要でした。
「また、ここで特別支援が必要な人たちが、新しい時代のアイスクリームを作っているんです。」
ブライアンが仕事を身につけるまでには、たくさんの練習と試行錯誤がありました。
「何度も、床にアイスクリームを落としてしまいました。」
がんばって、がんばって、仕事ができるようになりました。
i3-1-1024x768 発達障害の方が運命と思える仕事ができた店
お店を開いたハイジの息子のジャックも発達障害です。
21歳になり、学校を卒業しました。
「子どもの未来が見えないとき、どんな夢をもちますか?」
ハイジはそう言います。
ジャックのために、外に仕事を探すよりも、ハイジは自分の世界を少し変え、お店を開くことを決めたのです。
開店の日、発達障害のブライアンはお客さんたちと笑いながら、会話をしていました。
ブライアンは今、こうして仕事をしているのは運命だと言います。
「私は、行うべきことを今しています。
これは、私にとって大きなステップです。」
ブライアンは、新このアイスクリーム店でも大好きなごみ出しの仕事もして、熱心に働いています。
(出典・画像:米Deseret News Utah
自分が求められていると感じられることは、生きがいにつながっていくことだと思います。
障害があってもできそうなこと、から、この人だからできること、の発見を手伝いたいですね。
 
博物館で見つけた女性もいました。
博物館で働く彼女はレッテルを乗り越えた代表者

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「寝ましょうよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。