発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

アクアポニックスの庭で発達障害の子の療育

time 2017/09/13

この記事は約 3 分で読めます。

アクアポニックスの庭で発達障害の子の療育

米テキサス州のベントンで、クリストファー・ブラウンが運営するブライトモザイクは発達障害の人のための療育センターです。

そこは建物の中も庭も自然でいっぱいです。

庭にはたくさんの緑の葉と綺麗な花があふれています。
オクラ、トマト、ほうれん草、さつまいもなどがたくさん植えられています。

建物の中では、子どもたちの声が聞こえ、LEDライトの下の水槽ではスパイクと名付けられた魚が泳いでいます。

アクアポニックスの庭で発達障害の子の療育 c1-1024x768

庭での栽培や、食事の準備などの実践を療法に取り入れています。

庭での栽培は、アクアポニックスによるものです。

アクアポニックスとは、魚の養殖と水耕栽培を組み合わせたもので、水槽の水から魚の排出物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化した水は再び水槽に戻ります。

ブラウンはこう言います。

「食べるものを作るのに、一番面白い方法だと思ったんです。
子どもたちも、とても興味をもってくれています。庭にはたくさんの野菜が出来ています。

ちょっとしたジャングル状態です。
子どもたちは本当に楽しんでいます。」

ブラウンは試行錯誤の結果、このアクアポニックスによる療育センターのアイデアが浮かびました。
たくさんの植物の庭は、子どもたちがたくさんの感覚を得る、ふだんとは違った経験ができる機会になります。

「食べるものがどうやって出来るのか。
これについても、たくさんの人に関心をもってもらいたいと思っています。
どうやって、できるのかはたくさんの人が興味をもつと思います。」

アクアポニックスの庭で発達障害の子の療育 c2-1024x768

アクアポニックスにより野菜を栽培するこの庭は、グリーンフィニティ・ファームズと呼んでいます。

水を節約し環境に配慮しながら、子どもたちが実際にいろいろ触れることを通じて、ふだん遭遇する感覚に慣れていくことができます。

「子どもたちは、みんな自然とつながる能力があると思います。
それが、療育にも役に立っています。」

療育を行っている、トリスタ・エステルはそう言います。

「庭に出れば、葉っぱで遊んで、いろんなにおいを嗅ぐことができます。
いろんな感覚も感じることができます。」

アクアポニックスの庭で発達障害の子の療育 c5-1024x768 アクアポニックスの庭で発達障害の子の療育 c3-1024x768

このブライトモザイクには、現在3歳から11歳までの8人の子どもがいます。

2階建てのビクトリア朝様式の建物です。

ブラウンはテキサス大学で心理学と哲学を学んだ後、別の発達障害者を支援するセンターに勤めていましたが、発達障害の子を助けたいという強い情熱から、自らこのセンター、ブライトモザイクを立ち上げました。

ブライトモザイクは多くの子供たちを受け入れ、そしてオープンです。
安心できる場所だと、親からも聞こえます。

ブラウンは今後、ここが子どもたちでいっぱいになって、新たな施設を作っていくことになると自信をもって活動をしています。

(出典・画像:米North Texas Daily)(画像:米BRIGHT MOSAIC

魚を養殖した水で野菜を育てる。アクアポニックス。

初めて聞きました。面白いですね。

魚も見れて、たくさんの緑にふれて、そして食べられる。

これは、誰にでもよさそうですが、子どもたちの笑顔がすぐに浮かびます。

笑顔が浮かぶところであれば大きく成長できると思います。

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。