発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

家族が安心でき、発達障害の息子が楽しめた数少ない場所が閉店

time 2017/12/13

この記事は約 2 分で読めます。

家族が安心でき、発達障害の息子が楽しめた数少ない場所が閉店

カイル・パーカーと家族にとってカナダのブリンスジョージにあるシアーズストアが閉店してしまうことは、買い物ができなくなってしまうだけではありません。
21歳のカイルが一人で楽しめる数少ない場所の一つがなくなってしまうということです。
「カイルは発達障害です。話すこともできません。
そして、洗濯機が大好きなんです。」
そう母親のキャロラインは言います。
キャロラインはたびたび息子のカイルをシアーズストアに連れていきました。
そこでは、カイルは一人で楽しめるからです。
家電売場からいなくなることがなく見失うことがないので、カイルを一人で楽しませることができると母親のキャロラインは言います。
「ここはカイルが自分で歩いて楽しめる数少ない場所なんです。
21歳にもなるので、私からは少し離れたいようなんです。」
また、店員の多くがカイルのことを理解してくれているとも言います。
「言葉を話すことができません。
なので、ここは息子にとって幸せを感じることができる場所なんです。」
カイルや家族にとって、このシアーズストアが大切な場所になったのは、ある経験があったからです。
c1-1 家族が安心でき、発達障害の息子が楽しめた数少ない場所が閉店
そのときは、カイルがすごい笑顔をしてふとんと長いレシートを持っていたんです。
カイルはふとんを買ったのですが、その長いレシートを見ると同じ一つのものを何回も購入してしまっていたようでした。
「息子のカイルはとてもがんばったようです。
息子の笑顔を見て本当にうれしくなりました。
すごく自信もあふれていました。」
しかし、母親のキャロラインは後から、実際には3人の店員がカイルが購入するのを助けてくれたことを知りました。
カイルが同じものを何度も何度も購入したことに対して、きちんとキャンセル処理をしてくれていました。
「クリスマスカードを贈らなければいけないと思っています。」
キャロラインは、シアーズストアが閉店してしまうことはとても残念であるものの、息子のカイルはまた素敵な場所を見つけることができると信じています。
「すぐには閉店しない、今度はそういうお店を見つけられたらと思っています。」
(出典・画像:カナダCBC
探そうと思えば、きっと見つかると思います。
あきらめてしまったら、絶対に見つかりません。
いろいろ難しいことはあっても、外にどんどん行きましょう。
発達障害の子が1日に3回も行きたくなる店

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「安心したよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。