発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の彼は亡くした妻と一緒になってするべきことを見つけた

time 2018/02/02

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の彼は亡くした妻と一緒になってするべきことを見つけた

グレン・アッカムは、米カリフォルニア南部の郊外で、両親と、自分自身を含めてみんなが発達障害の4人きょうだいで育ちました。
グレンが22歳のときに父親が亡くなりました。
そして引っ越しをしてグレンはカレンと出会い結婚をしました。
「カレンも障害がありました。」
障害のあるグレンとカレンは、お互いに支え合って生活をしてきました。
しかし、2016年にカレンの体が深刻な状態になりました。
「私が電話をとると、早く来なさいと言われました。
妻が亡くなったのです。
私は泣き叫びました。
午前2時にあった教会からの電話を思い出します。」

その後の数ヶ月、グレンは空っぽになってしまったそうです。
しかし、何かをしなければならないことはわかっていました。
まず、夢の一つを実現することにしました。
「私と妻のカレンは、いつかカリフォルニアに戻って、コミコンに行ってみたいといつも思っていました。
なので、私はコミコンに行ってみました。」

グレンは、コミコンで大好きな漫画の作家たちと出会って、話すことができました。
作家たちは、グレンにインスピレーションを与えてくれました。
そして、グレンの辛さ、悲しさにも耳を傾けてくれたそうです。

作家と話をして、大好きな作家から手紙を受け取って、自分のなすべきことがわかりました。
「誇りに思う妻と何かしよう。」
グレンは、発達障害やその他の障害のある人たちが、日常生活で苦労をしてもうまくやっていけることを示すために、グレン自身と亡くなった妻のカレンをモデルにしたヒーローが活躍するコミックを描き始めました。

コミックを描くことは、これまでに傷つけられた、自身のつらい思い出を乗り越えることにも役立っているといいます。
「できないと恐れないでください。できないことはありません。
意志があれば、道ができます。
あきらめさえしななければ、あなたが成し遂げたいことは必ず成し遂げられます。」
グレンは描いたコミックを障害があることで苦労をしている多くの人たちに届けようと、出版社を探しています。
(出典・画像:米KBZK

亡くなった奥さんもきっと応援していると思います。
スーパーヒーローたちも応援していますね。
発達障害の子たちを剣と魔法の世界が助ける

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。