発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

剣と魔法の力で発達障害の人のコミュニケーション能力が向上

time 2017/12/29

この記事は約 4 分で読めます。

剣と魔法の力で発達障害の人のコミュニケーション能力が向上

1974年に生まれた世界で最初のRPG、ダンジョンズ&ドラゴンズはいくつかの魔法の力を持っています。
今までに出版されたルールブックにも載ってない魔法があります。

見知らぬ人たちが、共通の趣味で友だちになることができる魔法です。

カナダのノバスコシア州自閉症協会では、このゲームの魔法の力で、発達障害の人たちのコミュニケーション能力を向上させようとしています。

自閉症スペクトラム障害の人たちは人とコミュニケーションをすることに困難をかかえ、反復的な行動をとることもあります。

剣と魔法の力で発達障害の人のコミュニケーション能力が向上 d6-1

発達障害の人たちが学ぶものとしては、ダンジョンズ&ドラゴンズは暴力的過ぎないかという指摘がありました。

しかし、ノバスコシア州自閉症協会のディレクター、ヤボン・ラシューは、ゲームをしたこともない人たちがこういう指摘をすると言います。

「ゲームを始めるときには、みんな静かに落ち着いています。

それは、みんなが大好きなものだからです。

そして、楽しく話しながら、恥ずかしがることなく楽しみ始めます。」

ダンジョンズ&ドラゴンズは、鉛筆と紙を使って行うロールプレイングゲームです。

ゲームの世界のキャラクターになりきって、想像上の世界を冒険していきます。
それは、他の人たちとのグループの一員になって、本当に冒険をしているように楽しくなるものです。

剣と魔法の力で発達障害の人のコミュニケーション能力が向上 d5-2

ゲームの参加者の1人は、「ダンジョン・マスター」としてゲームを進行していきます。
プレイヤーたちは、決められたルールとサイコロを使って、ストーリーに従って進んでいきます。
プレイヤーがどう行動するのかはカードに書かれています。それを声に出してまわりのプレイヤーに伝えます。

ダンジョンを探索し、モンスターと闘っていきます。

「ゲームをしている間は、安全な環境でコミュニケーションやコラボレーションを学べているのです。」

18歳のジェイソン・マクニットは、ダンジョンズ&ドラゴンズがコミュニケーション能力の向上を助けてくれたと言います。

剣と魔法の力で発達障害の人のコミュニケーション能力が向上 d4-2

「私たちは、お互いに考えて、どうやって敵を倒すのが一番いいのか考えます。

例えば、それぞれが別々に行動して、敵と闘うほうがよいときもあります。
ゲーム中はすごくコミュニケーションをしています。」

そう、将来はゲームデザイナーになりたいと考えているジェイソンが言います。

16歳のライリー・サムソンは、このゲームですぐに友だちができたと言います。

剣と魔法の力で発達障害の人のコミュニケーション能力が向上 d2-2

「本当にうれしいことです。
僕はここで出会った友だちと一緒に遊ぶことが大好きです。

このゲームはコミュニケーションのかたまりです。」

ダンジョン・マスターは全てボランティアの人たちが行っています。

2週間に一度、ダルハウジー大学のカフェで行われています。

自閉症協会のディレクターのヤボンによれば、このダンジョンズ&ドラゴンズの取り組みとても人気があり、すぐに参加登録がいっぱいになると言います。開催規模も拡大しています。

この成功は、ダンジョンズ&ドラゴンズへの人気と切り離すことはできません。

ゲーム店のオーナーのジェイ・ロイによれば、ダンジョンズ&ドラゴンズへの人気が再び高まっているそうです。
ルールブックやサイコロの販売が最近、急増しています。

ネットフリックスで「ストレンジャー・シングス」が放映された約1年前からです。

このドラマではダンジョンズ&ドラゴンズを子どもたちが楽しんでいます。

「ダンジョンズ&ドラゴンズに限らず、テーブルトークRPG全体の人気が再び高まっています。

スマホやゲーム機のゲームの時代にもかかわらず再び、みんなが一つのところに集まって行うロールプレイングゲームやボードゲームが人気になっているんです。」

マシュー・ウェバーは、発達障害の子どもたちとのダンジョンズ&ドラゴンズで、ダンジョン・マスターをしています。マシューは40年間このゲームを楽しんでいます。

剣と魔法の力で発達障害の人のコミュニケーション能力が向上 d3-2

「イヤな時代は過ぎました。
私はオタクという言葉が大嫌いでした。
今は、このゲームが本当に楽しくて、クールなことをたくさんの人が知っています。」

たしかにこの素晴らしさは、発達障害の子どもたちが集まって、サイコロを振って、ゲームをして、やり方を教えあって楽しんでいるところを見れば誰にでもわかります。

(出典・画像:カナダCBC)(画像:flickr

「ダンジョンズ&ドラゴンズ」私も子どもの頃から耳にしたことがある有名なゲームです。

たしかにストレンジャーシングスでも象徴的なアイテムとして使われていましたね。

これができる発達障害の子なら、発達障害でない子ともこのゲームで遊べると思います。

どんどん友だちの輪が大きくなって、コミュニケーションもますますできるようになればと期待します。

発達障害との闘いをジェダイの教えが助ける

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。