発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年の生活を充実させる薬になっているアイスホッケー

time 2018/06/25

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の青年の生活を充実させる薬になっているアイスホッケー

発達障害の21歳のウォーカー・オーランドには、毎日の生活を充実させる薬があります。
ウォーカーは、氷の上で自分の得意を生かして障害のある人を助けています。

ウォーカーは、アイスホッケーのスティックを持っていなかった頃を思い出せないといいます。
ずっと子どもの頃からスティックを持って、氷の上を滑って、パックを追いかけてきました。

ウォーカーは幼い頃に発達障害と診断をされています。

「2歳の頃からこうしていると、ストレスやプレッシャー、不安から開放される感じがします。」

発達障害の青年の生活を充実させる薬になっているアイスホッケー h5-1 発達障害の青年の生活を充実させる薬になっているアイスホッケー h6-2 発達障害の青年の生活を充実させる薬になっているアイスホッケー h4-2

ウォーカーは今、大学で学びながら、これからもずっとアイスホッケーとつきあっていくための時間を作っています。

発達障害の人たちのためのアイスホッケーの大会にウォーカーは出場しています。

その大会を始めた、ショーン・ファイファーはこう言います。
ショーンの息子も発達障害です。

「アイスホッケーは間違いなく、発達障害の人たちにも素晴らしい刺激となるものです。」

発達障害の青年の生活を充実させる薬になっているアイスホッケー h3-1 発達障害の青年の生活を充実させる薬になっているアイスホッケー h1-2 発達障害の青年の生活を充実させる薬になっているアイスホッケー h7-2

ウォーカーの父親は、アイスホッケーをすることで息子も家族もとても助かっていると語ります。

「どんな障害があったとしても、自分を幸せにするものを見つけてください。
それが役に立ちます。素晴らしいものになります。」

(出典・画像:米CBS Chicago

米国で人気のアイスホッケーは、もう夏になるという季節にも関係なく、盛り上がっているんですね。

こうして、大好きで夢中になれて、そして成長ができるもの。

こうしたものと出会ったり、出会えることに手伝えたら、本当にうれしいですよね。

発達障害の少年はレスリングにのぞむ態度と心構えからリーダーに

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから

人気の記事



福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!