発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の女性は12年間馬にふれあい培ったことで仕事にも就く

time 2018/08/16

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の女性は12年間馬にふれあい培ったことで仕事にも就く

フィールドストーン農場乗馬療法センターが始められてもう40年になります。

発達障害、不安障害、脳性まひなどの困難に苦労をかかえている何千人もの人たちがここで乗馬療法をうけました。

23歳のサマンサ・フランセシカもここで効果を得ています。

発達障害の女性は12年間馬にふれあい培ったことで仕事にも就く u5 発達障害の女性は12年間馬にふれあい培ったことで仕事にも就く u3

毎週土曜日に、サマンサは体重550kgの4本足の友だち、ロメオに会いに来ます。
サマンサは12年間ここに通っています。

サマンサはロメオに乗ったり、ブラシをかけてやったりします。
これはサマンサの治療になり、人生を変えてくれたものです。

「娘は発達障害、不安障害の診断を受けています。
娘のような障害をもったひとたちは、社会とのかかわりに困難をかかえることが多くあります。
本当に難しいのです。」

そう、サマンサの母親のキムは言います。

発達障害の女性は12年間馬にふれあい培ったことで仕事にも就く u1 発達障害の女性は12年間馬にふれあい培ったことで仕事にも就く u2

サマンサと家族は、サマンサの発達障害の困難に対するさまざまな治療法を試しました。

「理学療法、作業療法、グループ療法などいろいろ行いました。
しかし、どれも娘には良いものとは言えませんでした。
そして、医師からここを紹介されたんです。

最初は、この巨大な動物の上に娘を乗せるなんて怖いと思いました。

しかし、恐怖はすぐにうれしさに変わりました。

娘はどんどん成長してくれたんです。楽しんでいたんです。」

発達障害の女性は12年間馬にふれあい培ったことで仕事にも就く u7 発達障害の女性は12年間馬にふれあい培ったことで仕事にも就く u6 発達障害の女性は12年間馬にふれあい培ったことで仕事にも就く u10 発達障害の女性は12年間馬にふれあい培ったことで仕事にも就く u9

馬は発達障害による困難への良い療法になっただけでなく、サマンサに情熱や人生の目的も与えてくれました。

「娘は馬が大好きです。本当に情熱をささげています。輝いています。」

ここでつちかった情熱やスキルを活かして、動物園などもある公園で今、サマンサは働いています。

(出典・画像:米wkyc

ほんとうにお馬さんはやさしそうな表情をしています。

優しく癒やしてくれて、育ててくれるんだと思います。

前にとある牧場で、うちの子を馬に乗せる機会がありました。

すごくニコニコしていたことが思い出されます。毎週、そんな体験が出来ていたら、それは良いはずです。

知的障害のおじいさんが素晴らしい家族と一緒に住めるようになる

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから

人気の記事



たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!