発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の方向け運転免許取得プログラム

time 2016/07/20

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の方向け運転免許取得プログラム

米テネシー州のヴァンダービルト大学では、発達障害の若者が運転免許をとるための支援プログラムが研究されています。
ADHDとアスペルガー症候群のブランドン・ロバーソンは16歳。

ドライブシミュレータは、彼の反応を目のわずかな動きや心拍数で捉えています。

発達障害の方向け運転免許取得プログラム drv6 発達障害の方向け運転免許取得プログラム drv7

発達障害の若者は視線が固まりがちで、時には走っている時に目に入る光をずっと見てしまうということがあります。このドライブシミュレータによる支援プログラムではそういったことに考慮がなされています。

発達障害の方向け運転免許取得プログラム drv5 発達障害の方向け運転免許取得プログラム drv4

この支援プログラムを通じて、ブランドンは運転免許を取得することができました。

この支援プログラムによって明らかになったことは、国中の運転免許への教育にいつの日にか活かされて、発達障害の若者が自立するのに役立つようになるはずです。

ブランドンが言います。
「車を運転して外に行けるようになるなんて想像することもできませんでした。本当に驚きです。」

発達障害の方向け運転免許取得プログラム drv3

(出典・画像:米NBC News

自動車運転は本当に楽しくて、自分の世界も広げてくれます。適切な支援を受けて、多くの方が安全に運転できるようになるのは素晴らしいですね。近い将来は運転免許の必要もなく完全な自動運転車も出現するとは思いますが、乗るだけでなく、自ら運転するという行為はずっと好まれて、必要ともされるはずです。

テクノロジーが発達障害の方を支援する例は他にもあります。

発達障害児向け 表情読み取りめがね

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ