発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年はロデオで発達障害と向き合いそして成長してきた

time 2018/09/11

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の少年はロデオで発達障害と向き合いそして成長してきた

ギャビン・ローズはまだ7歳なのに、たくさんの人の期待をこれまでに裏切ってきました。

3年前に発達障害、自閉症スペクトラム障害と診断をされています。
サッカーや野球のようなチームスポーツをすることはできませんでした。

馬と牛に乗ってから変わりました。

「ブルライディングは、最高です。」

そうこの7歳のカウボーイが言います。

米オクラホマで国際子ども選手権が催されています。ギャビンはカナダからやってきました。

「息子はすごく上手なんです。いつも乗っていました。」

そう母親のニッキが言います。

発達障害の少年はロデオで発達障害と向き合いそして成長してきた c2

ギャビンがこのような今に至るまでは、簡単ではありませんでした。

「チームでするスポーツはうまくいきませんでした。
他の子どもたちと、少し変わっている宇宙人のような息子とではうまくいかなかったんです。

しかし、息子のギャビンにはすごい情熱がありました。
そうして、カウボーイになったんです。」

ギャビンは発達障害ですが、とても社交的です。
しかし読むことや書くことができません。

ギャビンや母親のニッキは、ロデオの練習中に特別扱いをされている感じはしなかったといいます。

「落ちてしまったり、ミスをしても、コーチはただ座って見守っていました。」

そしてギャビンはロデオにはまったのです。

発達障害の少年はロデオで発達障害と向き合いそして成長してきた c1

今は鞍をつけていないはだか馬よりも、雌牛に乗るほうが得意です。

母親のニッキーは危険なスポーツであることを承知しています。

「ケガをしないことはないでしょう。いつかケガをします。
しかし、息子は大好きなんです。喜んでやっています。
なので、私はサポートするんです。」

そのサポートには、かなりの金額の負担もあります。

「お金のかかるアイスホッケーよりも、もっとかかりますね。
自分たちで車を運転して遠くにも行かなければなりません。」

発達障害の少年はロデオで発達障害と向き合いそして成長してきた c4

しかしそれでも、ニッキーは息子のギャビンがカウボーイになって、発達障害と向き合って生きていくのを学ぶことにはすごい価値があるのだといいます。

「ギャビンは、将来スポンサーになってくれそうな人たちへ自分を売り込もうともがんばっています。

そんなふうに息子が成長していることへの投資なんだと思います。

カナダからアメリカのオクラホマにきて、スポンサーになってほしいと手紙を渡して自分自身について話すことができたんですよ。

ロデオが息子をこんなに立派にしてくれたんです。本当にすばらしいです。」

(出典・画像:カナダTHE STAR CALGARY

ケガには気をつけて頂きたいと願いますが、ケガはしてしまうでしょうね。大ケガにならないことを祈るばかりです。

息子さんの喜んでいる姿、成長してきた姿を見たら、そんな不安はあっても応援、サポートする気持ちもよくわかります。

うちの子はバランスボールでばいんばいんしているのが大好きです。昔、馬に乗ったときもニコニコしていました。

ロデオにはまりそうな素質はきっとありますね。

発達障害のレーサーはただ一人、車に傷をつけることもなかった

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。