発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害と視覚障害のある子にサンタから贈られた優しいできごと

time 2018/12/25

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害と視覚障害のある子にサンタから贈られた優しいできごと

アメリカのお母さんは、発達障害でそして目も見えない6歳の息子がサンタさんに会ったときの心温まる物語をFacebookに投稿しました。
マシュー・フォスターと母親のミスティがあるスポーツ用品店に立ち寄るとサンタさんがいました。
ミスティは、サンタに息子のマシューが盲目であること、発達障害でもあること、そしてサンタが大好きなことを伝えました。
「サンタさんの彼は、もう説明しなくても大丈夫。
そう言うと床に膝を付けて息子にあいさつをしてくれました。
長い時間、サンタさんはマシューと話をしていました。
サンタのことがわかるように、体全体をつかってマシューとやりとりしてくれました。
s3-2 発達障害と視覚障害のある子にサンタから贈られた優しいできごと
息子はあごひげをひっぱり、サンタの帽子をかぶって、赤い服の話もしていました。
そしてサンタさんは、息子のマシューに触れてみたいサンタの場所をたずめました。
マシューは『きらきら光るあなたの瞳』と言ったんです。」
マシューは、サンタのきらめく瞳が出てくる「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の大ファンでした。
「するとサンタさんは目をつむって、マシューの手をずっとまぶたの上に置かせてくれました。」
s2-2 発達障害と視覚障害のある子にサンタから贈られた優しいできごと
マシューはこう言います。
「とても優しいサンタさんでした。
遠慮しなければならないことも多かったのですが、このサンタさんは積極的に関わってくれました。
なのですぐに、息子もサンタさんのこと好きになれたんです。」
このサンタの優しさは、マシューにとってクリスマスにふさわしい本当の贈り物となりました。
(出典:豪nine)(画像:Facebook
発達障害の子を連れていると、遠慮がちになってしまうことも、少なくありません。
そんななかで、こんなふうに親切にしてもらえると、それが本当に嬉しく思うことがあります。
親子にとって、忘れられないクリスマスになったはずです。
発達障害の子に素晴らしい魔法のような瞬間をくれたシンデレラ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。