発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

Facebookで娘のお気に入りシャツを無事確保

time 2016/08/17

この記事は約 2 分で読めます。

Facebookで娘のお気に入りシャツを無事確保

デボラ・グリムショー・スコーソンは何年もインターネットで、娘のカミのお気に入りのシャツを探していました。

発達障害のカミは、ピンクの花柄シャツが大好きです。それは5年以内に購入したものでした。
発達障害の人は、自分にとって気持ちのいい服を見つけることがなかなか難しいことがあります。
なので、一つの服にこだわりをもつことがあります。
カミがピンクの花柄のシャツにそうであるように。
それがなくなってしまったり、ボロボロになったりするととても困ったことになります。

カミのお気に入りのシャツも寿命となってきたので、グリムショーはFacebookを使って、誰かがこのシャツを他にもっていないかを探しました。

Facebookで娘のお気に入りシャツを無事確保 037321c5bd9b5053ae08a4768338c425-619x1024

「みなさん、助けて頂けませんか。私の娘のカミには発達障害があります。4,5年の間、娘はこのシャツがお気に入りでした。5年前、幼稚園生の頃に初めてこれを着ました。それ以来、オークションサイトで同じものを4つ見つけて購入してきました。今着ているものは、もう着れなくなりそうです。オークションサイトでも、もう見つけることができませんでした。
2011年から2012年にかけて販売されていたものです。
このピンクの花柄シャツが必要なんです。
この投稿を写真と一緒にシェアして頂けませんか。
どなたかお持ちであれば、購入させてください。
このシャツでなければだめなんです。
同じようなシャツを着せようとしてきましたが、だめでした。
サイズはなんでも構いません。お願いします!」

 

一週間もしないうちに、グリムショーのこの投稿は26000以上のシェアをされました。

 

そして、カミは5着のシャツを受け取りました。

少なくとも73着のシャツもこれから届きます。

 

「古くなったシャツで、ぬいぐるみやまくらを作れば、カミが大きくなっても持っていられる。」

「私たちが服を買う場合には、同じものをたくさんまとめて買ったりしている。」

というコメントももらっています。

 

(出典・画像:The MIGHTY

 

子どもがそれが大好きでいつも手放さないでいるのを見ると、何とか同じものをまた手に入れたい。

と思いますよね。

しかし、別のものでも意外に同じように好きになってくれて、大丈夫だったことが何度かあります。

4コマ漫画 うちのねっちさん 12

親の思い込みであったりする場合もありますし、永遠に同じものというのも不可能なことだと思いますので、他の服にもチャレンジできるといいですよね。

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ