発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子がどこかに行ってしまわないように無料配布のツール

time 2019/07/27

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の子がどこかに行ってしまわないように無料配布のツール

全米自閉症協会によれば、59人のアメリカ人のうち1人が自閉症スペクトラム障害です。
そして、それらの人々のうちほぼ半分がどこかに行ってしまったりする傾向があります。
それは深刻な結果を招いてしまう可能性があります。
7月の上旬に、この地域に住む自閉症のジャスミン・レイヤが行方不明になりました。
昨年の4月には、自閉症のジェイク・ウィルソンが行方不明になっています。
そして、2人とも発見されたときには死亡していました。
r16 自閉症の子がどこかに行ってしまわないように無料配布のツール
カイリーとアマンダ・ティリーの夫婦は、自閉症の6歳の息子、コーヘンが毎日心配です。
「音楽と走ることが何よりも大好きなんです。」
コーヘンは好奇心が強いため、どこかに行ってしまう可能性が高くあります。
家のドアの全てに鍵をかけ、そして夜はどこかに行ってしまわないように囲ってある安全ベッドに寝かせています。
「いつも心配です。」
すべてのドア、そして車に「自閉症の子はどこかに行ってしまうかもしれない。口で呼んでも反応しない。」
そう書かれたステッカーを貼っています。
r12 自閉症の子がどこかに行ってしまわないように無料配布のツール r13 自閉症の子がどこかに行ってしまわないように無料配布のツール r14 自閉症の子がどこかに行ってしまわないように無料配布のツール
しかし、コーヘンがどこか行ってしまうのを防ぐのには十分ではありません。
自閉症の人がいる家庭向けに提供されている無料ツールキットの申請をしたのはそのためです。
「息子は話すことができません。
誰かに迷子になったと言うことはできません。
そして、どこに住んでいるのかも伝えることができません。」
この無料で配布される、ビッグ・レッド・セーフティーボックスが役に立ちます。
警告するリストバンドや靴につけるIDタグ、ワイヤレスでドアや窓に付けられる警報機、そして予防のための教材なども含まれています。
「中に入っている物をすべて見ました。
すべてが素晴らしいものでした。
これは、間違いなく私たちにとってすばらしいものです。」
これまでに、全米自閉症協会ではこのビッグ・レッド・セーフティーボックスを4万個以上提供しています。
(出典・画像:米WHOTV
米国でのワイヤレスの警報機なども含んだツールの無料配布。
これは素晴らしいですね。
自閉症の子の命を守るために何よりも水泳を

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。