発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子向けプログラミングイベント。多様な才能を業界に

time 2019/08/28

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子向けプログラミングイベント。多様な才能を業界に

米テキサス州で非営利団体のコードジャムは、発達障害の子どもたち向けのプログラミングイベントを開催しました。
将来、テクノロジー業界でより多様な人たちが活躍することを目的にしています。
15歳のミシャナ・バリーも参加しています。
ミシャナは高機能自閉症です。コンピュータ・サイエンスに情熱を注いでいます。
「娘の自閉症は、必ずしも娘を制限するものではありません。
より、娘を娘らしくしているだけです。」
そう母親のアダナは言います。
c6-2 発達障害の子向けプログラミングイベント。多様な才能を業界に c9-1 発達障害の子向けプログラミングイベント。多様な才能を業界に c7-2 発達障害の子向けプログラミングイベント。多様な才能を業界に
「私はただコンピュータが好きです。
いろいろなプログラムをして、どう機能するのかを見るのが大好きです。」
そうミシャナは言います。
発達障害の子どもたちが快適に取り組めるようにこのイベントは、静かにこじんまり、そして親密に行われました。
「感覚に優しく、落ち着けます。
必要な質問もしやすくなりました。なので人とのやりとりもできました。
すごく良かったです。」
c8-1 発達障害の子向けプログラミングイベント。多様な才能を業界に c4-2 発達障害の子向けプログラミングイベント。多様な才能を業界に c5-1 発達障害の子向けプログラミングイベント。多様な才能を業界に c2-2 発達障害の子向けプログラミングイベント。多様な才能を業界に c1-2 発達障害の子向けプログラミングイベント。多様な才能を業界に
バリーにとって発達障害であることは、バリーの一つの側面でしかありません。
「私の一部です。私には実のところ障害ではないと思っています。
障害があるとそれを隠そうとする人もいると思います。
発達障害であることを知られたくないと思うかもしれません。
でも、あなたの一部なんです。」
ミシャナ、母親のアダナにとっては発達障がであることがむしろ価値を与え、将来仕事をするときには資産になると考えています。
「このイベントには多様な人たちが参加しています。
とても学習能力も高くて、テクノロジー産業で活躍できるスキルを習得できる能力があります。
多様な人たちは、あらゆる種類の異なる視点を企業に提供するはずです。」
(出典・画像:米SPECTRUM NEWS
発達障害の子がSTEMやプログラミングが好き、得意、とは全く限るものではないと思っていますが、
プログラミングに限らず、こうして実際に取り組める参加しやすい機会はどんどん増えていくといいなと思います。
発達障害の子どもたちが楽しめる参加型「月面着陸」体験演劇

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。