発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子を持つ母がそうした子たち向けの部屋を設けた美容院

time 2019/09/05

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子を持つ母がそうした子たち向けの部屋を設けた美容院

シニード・クレイトンは息子が発達障害だと診断されました。
そしてシニードは発達障害の人たちの日常生活を楽にしてくれる施設などがほとんどないことに気づきました。
ヘアサロンをオープンした29歳のシニードは、発達障害の子どもやトラウマをもっている子どもたちが安全にヘアカットができる部屋を作りました。
h2 発達障害の子を持つ母がそうした子たち向けの部屋を設けた美容院
息子のジェイソンは7歳になる頃に発達障害と診断をされました。
今は9歳になりました。シニードは夫のジョナサンとともに多くの人には簡単に思えることでも、発達障害の子どもたちは苦労するところを見てきました。
「発達障害について私も学びました。
発達障害の子どもたちがヘアカットしやすくなるようなサポートを行っているところはありませんでした。
私ができる機会になると思いました。
発達障害の子にとって、髪を切ることは簡単ではないことを私は理解しています。
そうした人がいるだけで子どもと家族の助けとなるはずだと、私はこれまでの経験から思っていました。
私が行うと、信じられないほどにとても好評でした。
遠くからもやってきました。
また、支援なども頂きました。」
h3 発達障害の子を持つ母がそうした子たち向けの部屋を設けた美容院
シニードと働いている、ローレン・ジェンスキーは本当に発達障害の子どもたちが安全にヘアカットできる部屋がとても人気で、必要とされていることがよくわかるといいます。
その部屋は、子どもたちが楽しめる感覚に刺激を与えてくれるおもちゃなどがたくさん置いてあります。
遊んでいる子どもを追いかけて、ヘアカットをしてくれます。
また、使っている道具にも配慮がされていて、
ヘアクリッパーも音がしないものです。
h4 発達障害の子を持つ母がそうした子たち向けの部屋を設けた美容院 h5 発達障害の子を持つ母がそうした子たち向けの部屋を設けた美容院
シニードはいつも親からこう言われるそうです。
「やっぱり、ヘアカットをするのは難しいかもしれない。」
しかし、子どもを部屋に連れてきて慣れてくればできると答えています。
「子どもたちが快適に感じ始めてきたら、ヘアカットを行います。
そうならなければ、待ってからまたトライです。」
(出典・画像:英THE SHELDS GAZETTE
うちはずっとママ美容室です。
うちの子は外で髪を切ったことは小さい頃に1回だけ。それからずっとママが切っています。
発達障害などの子どもたち歓迎するよ。
そう思っている理髪店、美容室の方も少なくないと思います。
それがわかるしくみを作りたいとずっと思っています。
近くにそうしたお店があれば、他とは違って安心できますし、発達障害の子は特に変化を嫌うので、
ずっと通い続けるお客になるはずです。
また、そうした子どもたちに「優しい」お店は、誰にでも優しいお店としてみんなにも人気になるはずです。
発達障害の人の治療ができるように歯科医に知識を教える取り組み

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。