発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

猫が発達障害の5歳の女の子の親友になって人生を変えてくれた

time 2019/10/15

この記事は約 2 分で読めます。

猫が発達障害の5歳の女の子の親友になって人生を変えてくれた

発達障害の5歳の女の子は、新しいもふもふの友だちができて、他者とのコミュニケーションのスキルを育むことができました。
マーニー・クインスは発達障害の自閉症のためにまわりとのやりとりに困難をかかえているため、友だちを作ることがなかなかできませんでした。
しかし母親のニッサは、猫を飼い始めてからマーニーの人生は大きくかわったと言います。
猫の愛護センターから譲り受けた1歳の猫、ドミノが変えてくれました。
ニッサはこう言います。
「娘は生意気で、ゲームが大好きな女の子です。
猫のドミノが本当に娘を助けてくれています。
娘のマーニーと猫のドミノは親友になっています。
いつも一緒です。
そうしてくれることが、マーニーのコミュニケーションを助けてくれました。」
c3-2 猫が発達障害の5歳の女の子の親友になって人生を変えてくれた
そして、マーニーが眠る時間になるとドミノが助けてくれるといいます。
マーニーは発達障害のために眠ることがなかなかできません。
そのために、朝起きて学校に行くことができないこともありました。
「娘のマーニーはドミノに話しかけたり、愛していると伝えています。
ドミノにお話を聞かせてあげたり、一緒に外で遊んだり。
二階に一緒に来てくれるようにお願いもよくしています。
1歳のドミノも遊ぶのが大好きです。
娘のマーニーのこともよく理解してくれているようです。
一緒に遊んでいるときに、マーニーを傷つけるようなことは全くありません。」
c1-2 猫が発達障害の5歳の女の子の親友になって人生を変えてくれた
3Gem Research&Insightsが実施した2,000匹の猫の飼い主に対する調査の結果では、
猫を飼うことは精神的健康に良い、と飼い主の93.5パーセントが思っています。
(出典・画像:英Lynn News
猫かわいいですよね、本当に。
スリスリしに来てくれたら、うちの子もにやっと笑顔をみせてくれるのではないかと思います。
猫がいる生活、うらやましいです。
虐待などから救出されたロバたちが発達障害の女の子を助ける

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。