発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害少年はピアノからトランペットに変えオーケストラで活躍

time 2019/12/01

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害少年はピアノからトランペットに変えオーケストラで活躍

毎年、何百人もの音楽好きが集まって米ヨークユースシンフォニーオーケストラの音楽演奏を聴きますが、トランペットを吹く彼のストーリーを知る人はほとんどいないでしょう。

アンディ・ミルスタンは2歳半のころからピアノを弾き始めました。
アンディは他の何よりも音楽とつながっています。

アンディの父親、クレイグはこう言います。

「息子が生まれたとき、発達障害であることは知りませんでした。
3歳になってから診断されました」

発達障害少年はピアノからトランペットに変えオーケストラで活躍 o11 発達障害少年はピアノからトランペットに変えオーケストラで活躍 o8

アンディはこう言います。

「9歳のときに演奏し始めて、今ではトランペットを吹くようになりました。

操作するところが3つしかないので、ミュージシャンとして成功するには最良の楽器だと思います」

父親のクレイグはこう言います。

「トランペットにした理由は、細かな運動が必要ないとわかったからでしょう。

しかし息子が他のクラスメートと一緒に座っていられるか、
そうしたところで演奏できるのかはわかりませんでした。
まわりの人たちも息子にできるのかわからなかったはずです。

しかし、息子は実際に他のクラスメートと一緒になって演奏することができました。

うれしい驚きでした」

発達障害少年はピアノからトランペットに変えオーケストラで活躍 o3-1 発達障害少年はピアノからトランペットに変えオーケストラで活躍 o2-1 発達障害少年はピアノからトランペットに変えオーケストラで活躍 o4-1

「楽しかった。本当に楽しかった。とてもクールだった。
自分でもこうして演奏できたことが信じられません」

そうアンディは言います。
米ヨークユースシンフォニーオーケストラは学生オーケストラです。

「アンディは練習、練習、練習していました。
そして、自閉症スペクトラム障害の人がもっている集中力を発揮してできるようになりました」

そう指揮者のブライアン・バターボーは言います。

発達障害少年はピアノからトランペットに変えオーケストラで活躍 o10 発達障害少年はピアノからトランペットに変えオーケストラで活躍 o5 発達障害少年はピアノからトランペットに変えオーケストラで活躍 o1-1
母親のエイミーはこう言います。

「シャツを着ることにも苦労する息子のアンディが、立派に演奏をして楽しんでいることが信じられません」

ブライアンは無限に広がる可能性を忘れないでほしいと言います。

「一見、そんなことはできないと思っても、どうなるのかわかりません」

(出典・画像:米abc27

ますますご活躍いただきたいと思います。

シャツを着ることにも苦労するのに、ものすごい演奏。

むしろそうしたギャップは多くの人を惹きつけ、そして発達障害の方に勇気をくれます。

発達障害などの方たちが楽器やiPadで演奏するオーケストラ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!