発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害などの方たちが楽器やiPadで演奏するオーケストラ

time 2019/02/12

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害などの方たちが楽器やiPadで演奏するオーケストラ

オーケストラはエリートミュージシャンで構成されてきました。
発達障害、知的障害や身体障害など細やかに体を動かすことに困難をかかえる人たちが行えるものとは考えられてきませんでした。

しかし、アイルランド・クリエイティブ・プログラムとアイルランド・ロイヤル音楽院(RIAM)による取り組みがそれを変えます。

アイルランドのオープン・ユース・オーケストラは障害のあるミュージシャンたちで構成されるアイルランドで初めてのものになります。
発達障害や脳性麻痺の人が参加するオーケストラです。

発達障害などの方たちが楽器やiPadで演奏するオーケストラ o1-1

英アルスター大学のデニス・ホワイト博士によって考案された「コンダクトロジー」という方法、すべての人が理解できる18のジェスチャーを用いて取り組まれます。

RIAMの責任者、デボラ・ケルヒャーはこう言います。

「ロイヤルアイルランド音楽院は創設以来、100万人以上のミュージシャンを育て、研究をしてきました。

これまでは行われてきませんでしたが、障害のある人たちにもこれからは音楽に参加する機会を提供していきます。

新しいミュージシャンたちは、どんなふうになるのでしょうか。
私は待ちきれません。
これまでにはいなかったミュージシャンが生まれてくるはずです。」

新しいオーケストラでは独自の音楽を作っていきます。

発達障害などの方たちが楽器やiPadで演奏するオーケストラ o4-1 発達障害などの方たちが楽器やiPadで演奏するオーケストラ o2-1

「構成された曲と即興的な曲が混在したものになると思います。

ときにはヒップホップのように聞こえる現代の音楽になるでしょう。
時代の最先端のように聞こえるかもしれませんね。」

演奏はiPadやスマホを使っても行われます。
それは、従来の楽器を扱うことが難しい障害のある子にも適した方法です。

従来の楽器を演奏するミュージシャン、こうしたiPadやスマホで演奏するミュージシャンが一緒になって演奏をします。

ダウン症の7歳のミロ・オブライエンはiPadで演奏します。
ミロの祖父や叔父はプロのミュージシャンです。

ミロの母親のジャンはこう言います。

「ミロのような障害のある子どもにとって、演奏することは不可能か、とてつもなく困難なことのように思えていました。
そんなミロがiPadなどで演奏ができるのは、とてつもなく大きなことです。
この取り組みによって助かる子どもたちがたくさんいます。」

(出典:アイルランドTHE IRISH TIMES)(画像:Pixabay

伝統的な音楽と新しい人、新しい楽器、新しいチャレンジとの混在。

いいですね。

電子音楽は大好きです。クラシックも結構好きです。

参加される方はもちろんのこと、聴く側にもとっても楽しいものとなりそうです。

発達障害のため自立は無理といわれた息子は今、大学で音楽を学ぶ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!