発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人に優しいキャンパス。「静かな空間」を校内に設置

time 2023/11/30

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の人に優しいキャンパス。「静かな空間」を校内に設置

アイルランドのダブリン・シティ大学(DCU)は、アイルランドのグラスネビン校のヘンリー・グラットンビルに新しい「静かな空間」を設置することで、自閉症のスタッフや学生にさらに優しいキャンパスを目指しています。

AsIAmの創設者でありCEOであるアダム・ハリス氏が、このスペースの開始に大学スタッフや学生とともに参加しました。

この取り組みは、「DCUオーティズムフレンドリープロジェクト」の一環で、自閉症スペクトラムにある学生やスタッフをサポートし、祝福することを目的としています。
2016年1月、DCUはこのプロジェクトの第一段階を開始し、自閉症のスタッフや学生のニーズを満たすための一連のイニシアティブを実施しました。
これには、学生向けの自閉症ツールキットの開発、自閉症フレンドリーなオープンデーの開催、3つのセンサリーポッドの設置などが含まれています。
2018年には、DCUは世界初の自閉症フレンドリー大学に指定されています。

2021年、DCUは世界で初めての自閉症フレンドリー大学デザインガイドを発表しました。
これは、建築デザインの分野で世界的なリーダーであるマグダ・モスタファ教授との共同開発によるものです。
ガイドは、スタッフ、学生、外部組織、アドボカシーグループ、その他の重要なパートナーなどの主要なステークホルダーとの1年間にわたる仮想エンゲージメントとワークショップを通じて作成されました。

blank

DCU の自閉症コミュニティの学生は、デザイン ガイドのためのキャンパスの感覚監査を完了し、その結果、静かで感覚に優しいスペースの必要性が示されました。
ヘンリー・グラッタンの建物にある新しい静かな空間の設計は、音響、触感、道案内、照明に関するガイドの調査結果と推奨事項に基づいて行われました。

このスペースの開設に先立ち、DCUの自閉症フレンドリー大学コーディネーターであるフィオナ・アーリーはこう言います。

「静かな空間は誰にとっても有益です。多くの人にとって不可欠です。
照明、音、匂い、触感などの環境要因は圧倒的であり、感覚を過負荷にし、自閉症の学生やスタッフにストレス、疲労、不安を引き起こすことがあります。
この新しい空間は、学生とスタッフの全コミュニティのための回復と充電の場所として機能するように設計されています」

DCUオーティズムフレンドリープロジェクトの第二段階は今年始まり、自閉症の従業員をサポートするための能力を構築すること、そしてキャンパス内の新しい静かなゾーンの場所、現在の騒音レベル、騒々しい場所と静かなホットスポットの位置情報をユーザーに提供する屋内ナビゲーションアプリの試験運用に焦点を当てています。

blank

ヘンリー・グラットン静かな空間の開発は、UCBコミュニティヘルスファンドとコデックスオフィスソリューションズの支援を受けて行われました。
このスペースの開設に先立ち、UCB UK & Irelandのゼネラルマネージャーであるクレア・ブレディングは次のように述べています。

「2022年にダブリン・シティ大学教育トラストにUCBコミュニティヘルスファンドからの助成金を提供することを嬉しく思います。
今日このプロジェクトが実現したことをさらに喜んでいます。
大学の自閉症フレンドリープロジェクトの一環として静かな空間が開かれるのを見るのは素晴らしいことであり、この部屋がキャンパスでの時間を楽しむために必要なスペースを提供することを願っています。

ファンドが2020年に開始されて以来、私たちはイギリスとアイルランドの団体に約700,000ユーロ(約1.1億円)を提供し、脆弱な若者を支援することに専念している団体を支援してきました。
素晴らしいプロジェクトや人々の生活にもたらす違いに小さな役割を果たすことを誇りに思います」

コデックスの家具・インテリア部門責任者ケイト・ネリガンはこう述べています。

「これにより、学生は家に帰らざるを得ないのではなく、勉強に集中できる静かで落ち着いた環境の空間にアクセスすることができます。
私たちは、教育セクターだけでなく、テクノロジー、金融、その他のセクターの大企業からも、神経多様性に優しい空間に対する需要がますます高まっていることを目の当たりにしています。
これらの空間を作成するには専門知識と非常に特定の家具、テクスチャー、その他の製品が必要ですが、真に包括的であることを目指すあらゆる建物にとってそれはとても重要です」

(出典・画像:アイルランド ダブリン・シティ大学

こうした空間が、よりいろいろなところに、設置されるとありがたいですね。

自閉症や感覚に困難をかかえる人向けの家。米カリフォルニア

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。