発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

「紙の上で奇跡が起きた」自閉症の少年は自己表現の場を見つけた

time 2021/04/19

この記事は約 2 分で読めます。

「紙の上で奇跡が起きた」自閉症の少年は自己表現の場を見つけた

ビクター・ビバンダは言葉を話すことができません。
しかし、ビクターの色使いは時に興奮や懐かしさを伝えます。

オイルパステルを使ったビクターの作品は、ソーシャルメディアの中で言葉を必要としないコミュニケーションとなっています。

ビクターが自閉症スペクトラムと診断されたのは5歳のときでした。
母親のアンドレアによれば、もともとセルビアに住んでいましたが、自閉症の子どものための支援リソースが豊富な米国の南フロリダに2018年に移住してきました。

「息子が同級生とは違う存在であることを知って心を痛めました。
しかし、夫のボリスと私は息子にあらゆる機会を与えることを約束しました」

c2 「紙の上で奇跡が起きた」自閉症の少年は自己表現の場を見つけた

現在12歳になったビクターは、自己表現の場を見つけました。
母親が写真を見せると、ビクターはそれを解釈します。
豊かな風景、荒れ狂う海に浮かぶ帆船、月夜の睡蓮、幻想的な水中の風景などをこれまでに描いてきました。

「そして、紙の上で奇跡が起こったのです。
また、驚くべきことに、ビクターはほとんど自動的に、迷いも考え直しもせずに、楽々と筆を走らせ、色を選択していきました」

リンカーン、アインシュタイン、マリリン・モンローなど、ビクターの絵に描かれる人は多岐にわたります。

そして、ビクターの絵の一つは、TikTokで700万以上の「いいね!」を獲得しました。

c3-1 「紙の上で奇跡が起きた」自閉症の少年は自己表現の場を見つけた

母親によれば、ビクターは動物を描くことをより楽しんでいるようです。
多色刷りのキリンや、ポップアートのようなフラミンゴなどさまざまです。

ビクターの兄であるボリスは、ビクターにはに才能があり、絵を描くことから恩恵を受けているのは間違いないと言います。

「弟が絵を描いているとき、私には弟がむしろ休んでいるように見えます。
弟は絵を描くことが大好きなんです」

c4-1 「紙の上で奇跡が起きた」自閉症の少年は自己表現の場を見つけた c5-1 「紙の上で奇跡が起きた」自閉症の少年は自己表現の場を見つけた

元マーケティング担当者であるボリスは、自身のウェブサイトやソーシャルメディアで定期的に、弟のビクターの作品を公開しています。
TikTokには115000人以上のフォロワー、Instagramにも45000人以上のフォロワーがいます。

「息子は自立して生活することはできないでしょう。
しかし、これで息子の将来を確保できると思います」

(出典・画像:米Local10

ますます、たくさんSNSなどで発表をされていってほしいと思います。

将来をつかむことを応援します。

「私は発達障害だから無理」そう言った娘と父でユーチューバー

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「くっつけ!ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。