発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症について、なかなか消えない一般的な8つの誤解とデマ

time 2024/05/30

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

自閉症について、なかなか消えない一般的な8つの誤解とデマ
  • 1. 自閉スペクトラム症は病気なのか?
  • 2. 自閉スペクトラム症と精神疾患の違いは何か?
  • 3. 自閉スペクトラム症は男の子にだけ起こるのか?

自閉スペクトラム症(ASD)の診断は、難しい質問や感情的な困難を引き起こすことがあります。
学ぶことがたくさんあり、どこから始めればいいのか迷うことも少なくありません。

このような圧倒される感じは、過去20年間で自閉症の割合が着実に増加しているため、ますます一般的になっています。
それに伴い、一般の認知度も高まっています。

残念ながら、誤った情報も同じくらい急速に広がっています。
自分が自閉スペクトラム症である場合や、自閉スペクトラム症の子どもを育てている場合、事実とフィクションを区別することが重要です。
発達小児科医のキャリー・カフマン医師が、ASDに関する最も一般的な8つの誤解やデマを解説します。

 

1.自閉症は病気である
最も基本的な誤解から始めましょう。自閉スペクトラム症は病気であるというものです。

「自閉症は病気ではありません」とカフマン医師は明確に述べています。
「これは単に脳の働き方の違いです。」

ASDは神経発達障害であり、これは脳の発達や機能が「典型的な」子どもとは異なることを意味します。
しかし、異なることが間違っているというわけではありません。
また、自閉スペクトラム症の人々が同じように異なるわけでもありません。

「自閉症の子どもと会った時、その子が自閉症の全てではない」とカフマン医師は冗談めかして言います。
ASDの診断を受けるにはいくつかの重要な基準がありますが、それを超えて、この状態はまさにその名の通り「スペクトラム」なのです。

 

2.自閉症は精神疾患である
同様に、ASDが精神疾患ではないことを明確にすることも重要です。

この混乱は理解できます。
医療専門家は、神経発達障害と精神疾患の両方を診断するために、同じ診断基準書(DSM-5)を使用します。
しかし、本をざっと読むと、複数のカテゴリーに分かれていることに気づくでしょう。

ASDと精神疾患の間には他にも重要な違いがあります。
ほとんどの精神疾患は人生の後半で発症しますが(例えば統合失調症やアルコール依存症)、ASDは生まれつきの状態です。

研究は、ASDの人々が精神疾患を発症するリスクが高いことを示唆しています。
そのため、親は他の子どもと同様に、気分や行動の変化に注意することが重要です。

カフマン医師はASDと精神疾患のもう一つの重要な違いを指摘しています。
「精神疾患には非常に明確な医療的治療法があります。
しかし、自閉症を治療する薬はありません。」この点については後ほど詳しく説明します。

3.自閉症が流行している
自閉症の診断が増えているのは事実です。
しかし、それは主に以下の4つの大きな変化によるものです。

  1. 認識の向上
    ASDに対する社会的な認知が以前よりも高まっています。
    そして、認知度が上がるとともに、自閉症の子どもたちに利用可能なサービスの数と質も向上しています。
    早期介入や支援療法へのアクセスが親たちに診断を受けさせる動機となっています。
  2. 医療専門知識の向上
    医療提供者がこの状態を診断する技術が向上しています。
  3. 診断基準の変更
    2013年にDSM-5の変更により、ASDは他の診断(アスペルガー症候群、自閉症、小児崩壊性障害、広汎性発達障害)を包括する総合的な診断名となりました。
    このため、ASDの有病率が一夜にして増加したように見えました。
  4. 新しいルール
    過去には、自閉症と注意欠陥多動性障害(ADHD)の両方を同時に診断することは許可されていませんでした。
    このルールが変更されてから、両方の状態が同時に発生することが多いため、これらの診断がより一般的になりました。

研究によると、ASDの子どもの数は若干増加している可能性がありますが、それでも流行と呼べるほどの増加ではありません。

 

4.自閉症は男の子にしか起こらない
米国疾病予防管理センター(CDC)の最新データによると、自閉症は性別特有の状態ではありませんが、男の子が女の子よりもASDを持つ可能性が高いとされています。
彼らの研究によれば、約4%の男の子がASDを持ち、女の子の割合は1%と低くなっています。

CDCはこのトピックに関する研究で生物学的性別のみを調査しているため、ASDの診断が性別アイデンティティによってどう分かれるかは正確には分かりません。
これは残念なことで、多くの専門家は性別の規範が女の子や出生時に女性と割り当てられた子どもたちの誤診につながっていると考えています。
女の子のASDの識別が進むにつれて、診断の差異は減少すると予測されています。

5.すべての自閉症の人は「****」
自閉症の人々も他のすべての人と同じように独自の個性を持っています。
彼らの脳はすべて同じように働くわけではなく、症状も大きく異なります。
したがって、すべての自閉症の人が同じ特性や障害を持っていると仮定するのは間違いです。
自閉症の人々に関する一般的な誤解には、以下のようなものがあります。

  • 特別な才能を持っている
  • 暴力的である
  • 学習障害や知的障害を持っている
  • 感情がない
  • 人間関係を作れない
  • 周囲の人々のニーズや感情に敏感ではない
  • 特定の仕事や子育てはできない
  • 話せない

これらのうちいくつかは特定の自閉症の人には当てはまるかもしれませんが、すべての人に当てはまるわけではありません。
このようなステレオタイプは差別を助長し、障害を持つ人々が日常的に経験する不平等を深めます。

 

6.子どもの予防接種が自閉症を引き起こす
このデマはおそらく一度は聞いたことがあるでしょう。
アンドリュー・ウェイクフィールドという研究者がMMRワクチンが自閉症を引き起こすと主張しました。
彼の研究結果は1998年に権威ある医学誌『ランセット』に掲載されました。そこからこの話が広がりました。

しかし、研究者たちが努力したにもかかわらず、誰もウェイクフィールドの研究結果を再現することができませんでした。
なぜならウェイクフィールドがデータを捏造していたからです。
調査官たちは彼が開示していなかった財政的な利益相反があったこと、また彼が予防接種に対してイデオロギー的に反対していたことを発見しました。

「ウェイクフィールドはMMRワクチンに対して反論を作り上げるために、研究した患者についての虚偽の情報を論文に載せました」

そう、カフマン医師は説明します。

2010年、パネルはウェイクフィールドが研究において不正行為をしたと認定しました。
その記事は撤回され、ウェイクフィールドは医師免許を剥奪されました。
ワクチンが自閉症を引き起こすという科学的な支持はありません。
しかし、既にダメージは広がっていました。
多くの人々が、広範な研究にもかかわらず、依然としてワクチンが自閉症を引き起こすと信じています。
これがワクチンへの不安が高まっている理由の一つです。

7.親の悪い育て方が自閉症を引き起こす
一部の人がASDを悪い育て方に結びつける理由を理解するためには、1940年代まで遡る必要があります。
この時期に自閉症という概念が初めて登場しました。
オーストリアの精神科医レオ・カナーが自閉症を初めて記述した人物です。

「カナーは自閉症の原因を『冷蔵庫マザー症候群』と呼ばれるものに求めました」

そう、カフマン医師は説明します。
当時の心理学研究者たちは、シグムンド・フロイトの影響を受けて、子どもの頃のトラウマがほとんどの精神的問題の根源だと考えていました。
自閉症に関して言えば、「冷蔵庫マザー」というフレーズがすべてを物語っています。

カフマン医師が説明するように、この理論は、冷たく、遠く、無関心な母親が子どもを極度にトラウマに陥らせ、その結果として子どもが自閉症になるというものでした。
この理論は何十年にもわたって自閉症の研究を支配しました。
しかし、カフマン医師は明確に述べています。
この理論には全く根拠がなかったにもかかわらず、多くの害を及ぼしました。

「研究者たちはこれを慎重に調査しました。
この理論が完全に間違っていることが証明されました。
育児スタイルが自閉症を引き起こしたり、それに寄与したりすることは一切ありません」

残念ながら、このデマは長く尾を引いており、今でも親を責めたり恥じたりするために使われることがあります。

 

8.自閉症は「治せる」
聞くのはつらいかもしれませんが、自閉症は一生続く障害です。
それは病気ではなく、治すこともできません。
しかし、ASDに治療法がないという事実が、子どもを評価することを妨げる理由にはなりません。

「治す法はないですが、確実に効果のある支援方法は存在します。
それは、証拠に基づいた療育です。
薬や食事の変更、ビタミンサプリメントなどではありません」

食物アレルギーや消化問題を抱える自閉症の子どもは、神経学的に典型的な子どもと同様に特別な食事から利益を得ることがあります。
しかし、新しい食事を試す前に必ず医師に相談してください。

療育は自閉症を「治す」ことに焦点を当てるのではありません。
子どもが自立できるよう発達の進展を遂げるのを助けることに重点を置きます。
そして、子どもは進歩を遂げることができます。

子どもが診断されるのが早ければ早いほど、療育などの支援を早く受けることができます。
「治る」とは言えませんが、特化したケアに反応して、子どもの行動が変わることはあります。

「子どもの進歩の量は、症状の重さによって異なりますが、多くの自閉症の子どもたちは、最終的には同年代の子どもたちと非常に似た状態になりますし、多くの自閉症の大人は仕事を持ち、結婚し、子どもを持つこともあります。
実際、私たちの多くは気づかずに自閉スペクトラム障害を持つ大人を知っているかもしれません」

自閉症に対する理解は大きく進歩しました。
しかし、まだまだ道のりは長く、特にソーシャルメディアの時代では誤った情報はなかなか消えません。

しかし、ひとりだけで学ぶ必要はありません。

「自閉症の子どもを持つ場合、信頼できる情報源を探すことが非常に重要です。
小児科医や発達小児科医と話すとよいでしょう。
彼らはあなたが子どもに最善のケアを提供するために必要なリソースを指し示してくれます」

そう、カフマン医師は小児科医に相談することを勧めます。

「私たちの療育などが最も効果を発揮するのは、早期に開始した場合です。
ですから、不安に思ったらすぐに相談してください。
そうすれば、疑問や不安に答えられ、必要な場合には子どもに適切なリソースや療育を提供できます」

(出典:米クリーブランド・クリニック(非営利学術医療機関))(画像:たーとるうぃず)

インチキやデマはたくさんあります。悪意によるものだけでなく、「個人的な経験」に基づいた善意のものも。

また、最近では高額な費用につなげるインチキ診断にも注意してください。

不安になったときには、正しい医師、医療機関からの情報に頼ったり、相談してください。

自閉症を「治す」代替医療が親の感情や恐怖につけ込む。インド

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。