発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年がSNSで伝える料理への愛情は大きな夢にも

time 2020/01/08

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の少年がSNSで伝える料理への愛情は大きな夢にも

ドミニク・ディーンは料理への愛情とレビューをネットで数千人に伝えています。
「新しい料理を食べるのと同じくらい、わくわくする体験です」
そう、14歳のディーンは言います。
「ドミニクのミルウォーキーのレストランレビュー」をSNSで始めました。
「僕が好きなのは、中華料理、メキシコ料理、バーベキューです」
しかし、ドミニクが食べないものがあります。
「デザート。
僕は好きではありません」
g5-1 発達障害の少年がSNSで伝える料理への愛情は大きな夢にも g2-1 発達障害の少年がSNSで伝える料理への愛情は大きな夢にも g3-1 発達障害の少年がSNSで伝える料理への愛情は大きな夢にも g7-1 発達障害の少年がSNSで伝える料理への愛情は大きな夢にも
料理レビューを行うようになって、ドミニクは成長したと父親のマシューは言います。
「とても内気でした。
話しかけられない限り、自分から話すことはありませんでした」
ドミニクは発達障害です。
しかし、この料理レビューが自分の殻を破ることを手伝いました。
「私も息子が料理を食べて幸せになっている顔を見るのが大好きです。
とても開放的になって、自信をもっているのにうれしくなります」
g4-1 発達障害の少年がSNSで伝える料理への愛情は大きな夢にも g6-1 発達障害の少年がSNSで伝える料理への愛情は大きな夢にも g1-1 発達障害の少年がSNSで伝える料理への愛情は大きな夢にも
勉強の面でも大きな助けになったといいます。
「料理レビューの最初の頃の文章と、今の文章を見れば大きく成長したことがよくわかります」
SNSで行っているレビューには、簡単な写真や日記に続いて、詳細な料理の説明が続きます。
「食べ物の味とレストランの雰囲気を書いています」
ここ、米ウィスコンシン州ミルウォーキーにある小さなカフェから、レストラン、さらには全米、世界の料理レビューを行うことを大きな目標にしています。
「僕は道を歩んでいるんです。今はまだスタートです」
(出典・画像:米FOX6
人生の目標になるくらい、大好きなことを見つけて、そして世界へ発信もする。
素晴らしいです。
こうしたことを見つけられるように手伝いたいものですね。
発達障害の学習障害を乗り越えスターになったキアヌ・リーブス

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。