発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の自閉症の人は無意識な偏見をいつも受け対処している

time 2020/01/20

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の自閉症の人は無意識な偏見をいつも受け対処している

人は無意識のうちに偏見をもってしまうものです。
それは、みんなそうです。
あなたは自分がもっていることに気づいていないだけでしょう。
そして、発達障害の自閉症の人はそんな無意識な偏見をいつも受けて対処しているのです。
発達障害の私たちが直面している無意識な偏見の一つが、人種によって診断が変わることです。
最近の報告では白人の子どもは、黒人の子どもよりも約19パーセント、ヒスパニックの子どもよりも65パーセントも高く自閉症と診断される可能性が高くなっています。
そして、白人ではない人たちは反抗挑戦性障害と診断される可能性が高くなっています。
この偏りは、社会が修正する必要があるものであり、偏見として片付けて済ませられるものではもうありません。
h2-1 発達障害の自閉症の人は無意識な偏見をいつも受け対処している
無意識の偏見に関わる私の経験は、能力についての判断に関わるものです。
多くの人は自閉症の人は知的障害もかかえていると誤って考えています。
私がふつうに話しをしても。
しかし、私は自閉症のことについて話し出すと、甲高い声で子どもっぽくなってしまいます。
そうすると、私と話すのをやめて、私と一緒に来ている人に話しかけるようになります。
私を一番支えてくれる人でさえ、無意識の偏見をもっています。
私の素晴らしいパートナーでさえも、もっているのがわかりました。
最近、社会的なルールについて意見の相違がありました。
私が正しいと信じることを拒否しました。
h1-1 発達障害の自閉症の人は無意識な偏見をいつも受け対処している
その理由は私が自閉症であるからかと聞くと、パートナーはしばらく考えてから、そうだと言いました。
自閉症でない私のパートナーのような人たちは、社会的ルールに関してもっとも良く知っているのです。
なので、自閉症である私はそうでないと考えます。
こうしたけんかはこれまでに何回かしています。とてもイライラします。
私のパートナーも私の気持ちを知り、理解しようと取り組んでくれています。
無意識の偏見をなくす方法があるのかはわかりません。
正直、それは出てしまうのものだと思います。
私にもそれは起きていると思うからです。
私はそれを改善しようとはしています。
そうした考えをもった自分を否定してしまうのではなく、それが起きるのを捉えることを学ばなければなりません。
h3-1 発達障害の自閉症の人は無意識な偏見をいつも受け対処している
これを読んで、すべての人が自分は他人をどう見て、どう判断しているのか少し考えてくれればと願っています。
ステレオタイプな偏見にあなたの考えを支配されないようにしてください。
自閉症の人たちは違うだけなのだと知ってください。
自閉症の私たちも、それぞれ能力やかかえている困難は違います。
私たちと交流するときには、心を開いてください。
(出典:米The MIGHTY)(画像:Pixabay
無意識の偏見。
誰にでもあるのだろうと思います。
まずそれを認め、改められる自分でありたいですね。
あなたは発達障害だから注文はキャンセル。返金してください

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。