発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年の自立につながっていく初めての人とのランチ会

time 2020/02/14

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の少年の自立につながっていく初めての人とのランチ会

15歳のタージ・ウッズは発達障害をかかえています。
将来の自立にむけたスキルを身につけるために、新しい人に会って一緒にランチを食べて友情を作っています。
アレックス・ハセンタブはタージが再び、初めての人とランチをとることができるようにセッティングしました。
アレックスたちはどんなに小さな親切でも、それが大きな結果につながることを知っています。
そして、タージはまた新しい人たちと出会えることを楽しみにしています。
s1-1 発達障害の少年の自立につながっていく初めての人とのランチ会
先週はジョシュ・スキャンランと一緒にランチを過ごしました。
タージはこう言います。
「ジョシュは私のサンドイッチや飲み物、チップまで支払ってくれました。
すごく感謝しました」
タージと仲良くなったジョシュはこう言います。
「彼は私を祝福してくれたんです。なので私も彼を祝福したかった。
お金や食べ物はどうでもいい。
人を愛する気持ちと思いやりの問題です」
s2-1 発達障害の少年の自立につながっていく初めての人とのランチ会 s3-1 発達障害の少年の自立につながっていく初めての人とのランチ会
発達障害のタージが将来の自立に向けて、こうしたことを行っていることをジョシュは気にしませんでした。
タージの母親のレイチェルは人との簡単なやりとりが、タージにとっては大きなことだといいます。
「当たり前に人ができるように思うことも、障害をかかえていると違うんです」
タージはジョシュと会ってから数日の間上機嫌でした。
それはジョシュがタージを他の人と同じように扱ってくれたからだといいます。
「僕はみんなと同じです。
ただ人とは違ったことを言ってしまったりするだけです」
これを聞いて母親のレイチェルは涙を流しました。
「私はタージが他の人と違うと思うことはありませんでした。
タージがそう思っていたなんて気づいていませんでした」
s5 発達障害の少年の自立につながっていく初めての人とのランチ会
ジョシュはこう言います。
「私たちはみんな違うんです。まずそれがスタートです」
タージはこう言います。
「あなたが良いことをしようとするのを邪魔するのはあなたなんです」
(出典・画像:米KMTR
なかなか、新しい人と出会って、やりとりをする機会をもつのは難しいと思います。
こうして、ほどほどの時間と費用で済む気楽なランチを一緒にする、というのはいいかもしれませんね。
発達障害の子も親も安心して楽しめ交流できる「ゲームナイト」

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。