発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子は私が夢に思っていたことさえも超えてしまった

time 2020/04/08

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の息子は私が夢に思っていたことさえも超えてしまった

17歳のピアノの才能がある少年、ティムは幼い頃に発達障害の自閉症と診断されました。
これは生涯に渡る生涯で、人との関わりやコミュニケーションに影響を与えます。
ティムは3歳になっても話すことができませんでした。
話始めても、それは理解できるものではありませんでした。
母親のサリーはこう言います。
「息子のティムは感覚の問題を多くかかえていました。
騒音やある特定の音が苦手でした。
そのため、公共の場でパニックを起こしてしまうこともありました。
他の親たちの視線を気にして、外出することが難しく絶望の気持ちになったこともあります」
ティムはたびたび、言うことをきかない悪い子だと思われました。
8歳のときには校長先生から、ティムには何も教えることができないと言われました。
ティム・ワグダーの両親、サリーとエリックは5歳の頃からティムを支えてくれた慈善団体のコールドウェル・チルドレンに感謝をしています。
「彼らの支援のおかげで、私たちは息子のできることに目を向けられるようになり、息子を受け入れられるようになったと思います。
p1jpg 発達障害の息子は私が夢に思っていたことさえも超えてしまった
私たちは息子の目を通じて世界を見るように考えました。
息子が学習しやすくなるように、興味をもったことをすすめました」
ティムは最近、ヨーロッパで著名な音楽大学のBIMMインスティテュートに招待されました。
「息子の人生はすばらしく良いものになりました。
友だちがたくさんいる、他の18歳の青年と変わりありません。
そして、才能あるピアニストにもなっています。
これは驚くべきことだと思います。
そして、私と同じ自閉症の子をもつ親に知っておいてほしいことです。
ティムは多くの困難を克服し、大きく成長しました。
私たちが思っていた夢さえも超えてしまいました。
p3 発達障害の息子は私が夢に思っていたことさえも超えてしまった
息子は自分の将来に興奮しています。
今では作曲したり、動画編集したり、演技もしています。
自閉症の子どもたちはそれぞれ、一人ひとり異なります。
異なる方法で成長していきます。
息子は話すことができず、人と関わることもできませんでした。
それが人前で歌ったり、楽しませたりしています。
本当に素晴らしいです」
(出典・画像:英Chichester OBSERVER
ますます、他の人とは違うことが強みになっていくと思います。
勝手に絶望したりせず、楽しく一緒に歩んでいけたらと思います。
多くの人が魅了されている発達障害の少年が見せてくれる世界

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。