発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

最前線で働く人たちに発達障害の青年はバルーンアートで感謝

time 2020/05/04

この記事は約 2 分で読めます。

最前線で働く人たちに発達障害の青年はバルーンアートで感謝

米ニュージャージー州の発達障害の青年が、コロナウイルスの世界的流行の中で最前線で働く人たちにバルーンアートで感謝を示しています。
エディー・リンはスーパーで働く人、郵便配達の人などの献身的な仕事への感謝の証を風船で作っています。
地元のスーパーのマネージャーである親友の母には、ありがとうと言いながら風船で作ったショッピングカートを贈りました。
先日は、風船で郵便配達員と郵便のトラックも作りました。
ある人から父親へのプレゼントをお願いしたいと依頼があったためです。
エディーは2014年からバルーンアートを学んでいました。
趣味だったものが仕事にまでなっています。
b2 最前線で働く人たちに発達障害の青年はバルーンアートで感謝
学び始めてからエディーは変わりました。
風船の色にこだわり、色を変えたり、言われたとおりのかたちにしか作りませんでしたが、今では依頼主の注文にあわせて柔軟に対応することができます。
母親のジェニーはこう言います。
「昔は、医師やセラピストに与えられたものを組み立てるだけでした。
それは実際には何も作り出してはいませんでした」
b4 最前線で働く人たちに発達障害の青年はバルーンアートで感謝
エディの弟が手伝い、誕生日パーティーなどでエディーはバルーンアートを提供します。
エディの姉はマーケティングとソーシャルメディアでエディの活動を助けています。
母親のジェニーも父親もエディーのバルーンアートのビジネスを手伝っています。
バルーンアートのビジネスはエディのフルタイムの仕事にはまだなっていません。
エディは地元の図書館でアルバイトをし、学校でもボランティア活動をしています。
b3 最前線で働く人たちに発達障害の青年はバルーンアートで感謝
しかし、パンデミックにより、それらの仕事が一時的にできなくなり、バルーンアートの時間が多くとれるようになりました。
ジェニーは近くにある子ども病院とも連絡をとり、エディのバルーンアートの提供提案をしている最中です。
「風船は多くの人を喜ばせて、幸せにしてくれるんです」
(出典・画像:米nj.com Facebook
好きなことを追求し、プロといえるまでになって人を喜ばせるようになる。
本当にすばらしいことだと思います。
そして、今それに元気づけられる人も少なくないでしょう。
話すことができない21歳の自閉症の男性と家族は強みに変え起業

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。