発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年は得意な写真撮影で病気の研究に寄付をする

time 2020/05/05

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の少年は得意な写真撮影で病気の研究に寄付をする

クリストファー・ブラセウィッツは写真を撮ることに夢中です。そして大きな目標ももっています。
「風景、動物、ペットの写真を撮るのが大好きです。
落ち着いて取り組むことができます。楽しいです」
クリストファーは発達障害の自閉症スペクトラム障害です。
クリストファーはたくさんの人がいるような場所に行くとパニックになってしまうことが多くありました。
s11 発達障害の少年は得意な写真撮影で病気の研究に寄付をする s3 発達障害の少年は得意な写真撮影で病気の研究に寄付をする s2 発達障害の少年は得意な写真撮影で病気の研究に寄付をする
クリストファーの両親が数年前にカメラをプレゼントしてからは、写真を撮ることに夢中になってそうした場所でもうまく過ごせるようになりました。
「ほんとうにうまくいったんです。
他の人と一緒になって、スマホやカメラで写真を撮れるようにもなったこともおどろきでした」
クリストファーは撮った写真でグリーティングカードを作り、まわりの人たちへ販売をしはじめました。
「僕のことを愛してくれていて、もっと買いたいと思ってくれています」
そうクリストファーは言います。
s8 発達障害の少年は得意な写真撮影で病気の研究に寄付をする s9 発達障害の少年は得意な写真撮影で病気の研究に寄付をする
販売を始めた頃、クリストファーの父親は肺線維症と診断をされました。
酸素を吸うことが困難になりました。
そして4年後に亡くなりました。
それからはクリストファーはグリーティングカードの売上のすべてを、肺線維症の治療研究に使ってほしいと米ミネソタ大学に寄付しています。
「今、治療法がありません。
それを見つけるのは私にとって、とても重要なことです」
s7 発達障害の少年は得意な写真撮影で病気の研究に寄付をする s5 発達障害の少年は得意な写真撮影で病気の研究に寄付をする s6 発達障害の少年は得意な写真撮影で病気の研究に寄付をする
これまでにクリストファーは約2000ドル(20万円)を寄付しています。
母親のジャネットはこう言います。
「クリストファーが自分の得意なことをいかして、
こうしたことができていることを本当にうれしく思います」
クリストファーはこれからも写真に夢中になりたいと考えています。
「年をとっても死ぬまでずっと、写真を撮り続けたいと思います。
僕は写真を撮ることが大好きです。愛しています」
(出典・画像:米FOX9
今は、遠い遠いところにいますが、きっとお父さんも喜んでいるはずです。
ずっと撮り続けて頂きたいですね。
発達障害の子が早期療育とカメラで人との交流もできるように

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。