発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

知的障害の女性が自らのアイデアで起業。コーヒー宅配サービス

time 2020/07/16

この記事は約 2 分で読めます。

知的障害の女性が自らのアイデアで起業。コーヒー宅配サービス

2018年にカーリー・ビショップはオーストラリアのストックランド・シェルハーバーで「カーリーのコーヒクリエ」というコーヒーの宅配ビジネスを立ち上げました。

23歳のカーリーは中度の知的障害をかかえています。
しかし、2017年末から週に3日、コーヒーの宅配ビジネスを試験的にはじめたその情熱を妨げることはありませんでした。

「カーリーのコーヒクリエ」はカーリー自身のアイデアによるものです。
その夢を実現し、今ではより多く自立できるようになりました。

カーリーは人にコーヒーを届けることが大好きだといいます。

c2 知的障害の女性が自らのアイデアで起業。コーヒー宅配サービス

「私はいろんな人と話すことが大好きです。
障害をかかえていても社会に貢献できます」

「カーリーのコーヒクリエ」は、注文を受けると地元のコーヒーショップのコーヒーを届けます。
このビジネスはヒットし、自分のほかにすぐに知的障害の女性を一人雇いました。

c6 知的障害の女性が自らのアイデアで起業。コーヒー宅配サービス

カーリーの母親のレオニーは、娘の成功に興奮しているといいます。
障害者が自分のビジネスを始めるためのアドバイスとサポートを行う「イグニット・アビリティ・プログラム」を紹介されたことが、その始まりだったといいます。

「はい、そのビジネスはいいですね、という反応だけではありませんでした。
私たちは、こういう支援を行うことができます、と言ってくれました。

チラシを配ることを手伝い、メールでの広告も出してくれました。
積極的に支援してくれる友達のような存在でした。

カーリーの大好きな、人と会うことを活かしてくれて、
お客さんとの良好な関係を構築できるようにしてくれました」

カーリーがますます自信をつけて成長していく姿を見ることは本当に素晴らしいとレオニーはいいます。

c3 知的障害の女性が自らのアイデアで起業。コーヒー宅配サービス c4 知的障害の女性が自らのアイデアで起業。コーヒー宅配サービス c5jpg 知的障害の女性が自らのアイデアで起業。コーヒー宅配サービス
母親のレオニーはカーリーとのチームで、障害をもつ若者により多くの機会と経験を提供することを目的にこのビジネスを拡大していくことを計画しています。

プログラムのマネージャーであるダニエル・ブキャナンは、地域社会に貢献する地元の人たちを支援する新しい方法はいつも探しているといいます。

「カーリーが取り組んでいるビジネスは、地元の多くの人に評価されています。
カーリーの成功のためには何でも手伝います。それができることをうれしく思っています」

(出典・画像:豪ILLAWARRA MERCURY)(画像:Facebook

起業されて、雇用するまでになり素晴らしいですね。

こうした起業の成功が日本でも増えたらいいなと願います。

知的障害のある生徒たちが学校でコーヒーを販売し学ぶ機会に

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。