発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子の仲間となって落ち着かせてくれるモルモット

time 2020/09/22

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の息子の仲間となって落ち着かせてくれるモルモット

気分が落ち込んでいるときなど、ペットは素晴らしい仲間になってくれます。
12歳の少年、ハーヴェイ・メルローズにとってペットのモルモットのトゥインクルとスパークルは素晴らしい仲間です。

新しい学校に入学したばかりのハーヴェイは発達障害の自閉症をかかえています。
ハーヴェイがひどく動揺したり、不安になったりすると、いつも必要とするのがモルモットのペットたちです。
母親のニーナはこう言います。

「モルモットを息子が胸の上に置いたり、腕の中にかかえると、すぐに落ち着けます。
寄り添ってくれるだけで、息子を落ち着かせてくれるんです。
まるで魔法です」

p2-1 発達障害の息子の仲間となって落ち着かせてくれるモルモット p3 発達障害の息子の仲間となって落ち着かせてくれるモルモット

3年前の9歳の誕生日に、ハーヴェイはモルモットたちをもらいました。

「息子はとにかく喜んでくれました」

2匹の小さなモルモットは本当にハーヴェイが自分の殻を破ることを助けたといいます。

「私はしばしば息子が他の誰とも話したいと思っていないときでも、モルモットたちに優しく話しかけているのを見かけました。
モルモットたちは、楽しく愛情を持って社会性や感情的なスキルを教えてくれています。

そして、息子は生き物を世話をする方法を学んでいます。
息子は困難で不安な生活を送っていますが、モルモットたちが助けてくれます。
息子の世界を明るくしてくれる魔法の動物たちです」

(出典・画像:英THE PRESS

犬や猫を飼うのが難しくても、モルモットやハムスターだったら飼うことができるかもしれませんね。

ただ、やはり小さいので、子どものほうが関心を持たないと難しいことはありそうですね。

自閉症の子たちには犬よりも猫が良いペットになるという研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。